FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
結局は家族のために「まだ、生きてる…」
2007/08/14 [Tue]11:14
古書店で購入したが、今年7月の発行だった。新刊で買うべきだった。

小林よしのりが「遅咲き」なら、本宮ひろ志はこちら。話題の熟年離婚をタイムリーに漫画化。
なにもかも失ったところから男一匹、狩猟・採集・農耕で生き延びる。逆境に強いのが本宮ヒーロー。むしろ逆境にいないとバカにされちゃうくらいの世界。

本宮世界だけに、あぶれたジジイがどんどん集って世間に反逆する展開か?と予想したが、あっけなく裏切られた。60歳なりの分別とあきらめがある。なにしろ女性が現れても手を出さない(出してるかもしれないが描写はない)。驚いた。

自分の生活と(新しい)家族を守ることだけに男が生きる。60歳からの人生やり直し漫画。なのだが、結局、家族という関係の他人のために必死になって生きてるんだよな。食う事だけから家族のために。形は変わっても男の生き方は変わらないってことか。

60歳ってあんなに生命力、生存力があるもんだろうか? 自分の父親を考えると、どうもなさそうな気がするが……いやいや、侮るまいて。

まだ、生きてる… (ヤングジャンプコミックス) まだ、生きてる… (ヤングジャンプコミックス)
本宮 ひろ志 (2007/07/19)
集英社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

大人のケンカも人海戦術で「男一匹ガキ大将」
2007/05/21 [Mon]12:25
古本屋で「男一匹ガキ大将」のジャンプコミックス全20巻がなんと500円だった。5000円、1500円の間違いでなく500円。なんでかって、日焼けやシミがひどい巻があり、6-10巻あたりは背が割れててページが落ちそうになってるところもあるからだとか。
返品は受け付けないし、買い取りにも応じないぜと念を押されつつ、一回読むだけなら大丈夫だろうと購入。えっちらおっちら持って帰る。

本宮氏の自伝やジャンプ伸張期のエピソードでしか知らなかった漫画で、とにかく勢いだけの、「おんどりゃー」「なめとんのかー」だけの無茶苦茶なんだろうなと思ってたけども実は破綻しきっているわけでもない。ギリギリ、筋がある。そりゃそうか。想像がふくらみすぎだ。水戸のおばばや妻子が「実は生きてた」ってのはズッコケたけど。いい加減だナー。男塾方式か。

子分が1000人、1万人、3万人となり、相手が町の番長から地区の番長、日本一の番長、日本を動かす巨悪、日本を狙う外国人企業などなど、いやーこれくらいのインフレは慣れておりますよと余裕をかましてしまう。不良が言い出す“全国制覇”ってこういうことかと。

不良が集まればなにかができる、という視点は今でもグッと来るし、なんやかやで子分が駆け寄ってきて鉄橋を直したり情報網を敷いたり、船でアメリカを迎え撃ったりする暴れっぷりは心燃ゆるな。描いてる方は苦しかったらしいけども。

しかしわずか3巻目にして「子どものケンカはやめじゃ、大人の勝負をする」ってんで株取引で2億稼いだのには読んでてびっくりした。ガキ大将的な動員力とカンでってシナリオはともかく、ケンカやめちゃって20巻までどうすんだと。
暴力、動員力、カリスマ性のインフレじゃない、カネや権力も含んだバトルが早くも試されてて、なるほど20巻も続くし読者が熱狂する器だと思った。
デビューしてすぐに経済ケンカのあるオトコ漫画を描いてたとは……。

それほど「じゃっかあしゃー!」だけでもない漫画だけど、随にはケンカしかない。
万吉がケンカを止めようとすると戦うしかない状況に陥る。常に追い込まれて暴れるガキ大将は、よくいわれるように作者そのものだったと思われる。お疲れ様でした。

男一匹ガキ大将―本宮ひろ志傑作選 (1) 男一匹ガキ大将―本宮ひろ志傑作選 (1)
本宮 ひろ志 (1995/07)
集英社
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。