09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
朝日がネトネトと昇る「空の巻き貝」(逆柱いみり)
2009/08/14 [Fri]15:13
漫画では「はたらくカッパ」から実に4年ぶりの新作。
その間も、ビリケン商会の「脳内怪獣リゾート」でソフビ作って漫画冊子も付けてるわけで、造形作家で、漫画家で、音楽家(漏電銀座)なのだよな。

今回はカッパが主役では出てこず、風景の中にいる。
主人公の少年2人は(一方は巻き貝の子どもなのかなんなのか)が旅をするという、展開のある話だ。始まりがあって終わりがあって、結ぶスジがある。
妄想、幻想的な寄り道もあるけど、ちゃんと少年たちは成長、変化して、家に帰ってくるのだ。
(わかりやすくムケたりイタシたり、ダメな大人が出て来たりという通過儀礼もある)

単純に子どもと大人の二元で深読みしてもしょうがないんだけど。
子どものころ、巻き貝で空を飛んでる序盤は、空は青く(漫画表現的には白くヌケてる)、少年たちは気ままなのだけど、刑務所を経てからは空はドンヨリ(漫画的にはベタ)しているのだな。
でも自分の意思とは関係なく黒い大人の世界に出てしまった彼らが、臍の緒(電話)で故郷に戻るなんて、子どもへの回帰と読んでしまうよなぁ。

(作者の画集が『臍の緒街道』だから、臍の緒ってフレーズが好きなだけかもね)

生家にはあの醜い親、大人はもういない。
自分たちを大人にし上げた女性もいない。

ムケたナニをぶら下げて、ハイソックス(いいとこの坊ちゃんの象徴だそうな)履いて、寝る。ゆったり寝る。
でも巻き貝(貝類ってのも女性的だよねー)は、しつこく少年たちをいじりに来るのだった。

そういう漫画だ。
解釈してもしなくても、どうでもいいか。

みぎわパンの妄想をタネに、作者の中の大人が書いた新作ではないだろうか。
物語を書いてしまいそうな自分を抑える必要が出て来たのかな。

怪獣造型の方で、妄想のみ、表現したいものだけを出せる環境ができたから、漫画に対してちょっとスタンスが変わったのかも。

逆柱いみり作品としては、現状では異色。これからはどうなるか。
未読の人は、これだけを読むのはもったいない。
「はたらくカッパ」以前へと遡って行くのも面白いかもね。


空の巻き貝空の巻き貝
(2009/07)
逆柱 いみり

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

巨きくていい感じだな「夢之香港旅行」(逆柱いみり)
2009/02/10 [Tue]09:16
ついに、逆柱いみりの「夢之香港旅行」を入手した。500部の限定本であり、本だけでなく判子やハガキなんかも入った箱詰め製品なので、復刻も難しい。
漫画だけでも復刻すれば良いのにと思うが、原稿は残っているのか。
製本も、糸で綴じてあって、読むのもおっかなびっくりだ。読み終わったら箱にきれいに収めて保管せねばな。

ずっと探していて、そういえばとタコシェに問い合わせてみたら「中古が1つだけ」とのことで、エイヤと購入したのだった。
当時価格にして1万円であり、入手価格はそれよりも高かったけど、ベラボーではなかった。
予約特典のCDがないからな。そこはしょうがない。
逆柱いみりのCDは2枚とも持ってるから、それも欲しいのだけど、この機会を逃したら「夢之香港旅行」とは出会えないような気がして。
こういうのを買い出したら、自分もいよいよコレクターだな。でも逆柱いみりくらいではないか。さすがに。


内容はいつもの、幻惑の光景がきめ細かく、ねっとりと記載されていて、非常によろしい。とはいっても、半分くらいは「MaMaFuFu」と同じだ。でも判が普通の漫画よりも大きいので、そこで満足感がある。集合住宅の見開きなんか、よい。
(出版の順序としては「MaMa~」の方が先だよな?実質の再録か)
重慶で見た夢なんか、そのまんま逆柱世界だものな。ええと、作者が見て描いてるんだから当然なんだけど、常人だとその夢を見ることが難しいわけで。
場所と作者のミックスで、面白くならないわけがない。

紙もザラザラで、うーっすらとしたかすれがいい味。モノクロの場合はね。カラーは鮮明な方が良いけど、いみり氏の色の場合は昭和のメンコみたいなものなので、印刷物には印刷物の良さがあるしな。原画が欲しいぞ。

「MaMaFuFu」時代の、風呂敷に変形するカッパとか、「ケキャール社」あたりまでおなじみの女性とか(読み順の問題だけだが)、懐かしくてほっこりした。
最近は怪獣やクルマに関心がいってるみたいだけど、風呂敷や女性キャラも好きなんだよな。妙に冷静で、ねっとり背景をいい塩梅にヤバゲな光景にしてくれる。奇妙さの曼荼羅に観察者が居る方が。

とかなんとか。もはや入手した喜びだけでアウアウしているのだけど、同人誌って、こういう側面もあるんだよな。
こうして、漫画描いて、小物もつけて、CDも用意して箱詰めにしちゃう。そういうことができちゃう才能(行為そのもの、生き方そのもの)に、凡人たる読み手は憧れるんだなぁ。

ネットで自己表現は身近になったんだから、自分もいっちょ、やったるかと思ったり、でも手の中にはこういった感想のゴタクしかなかったりして、ああ、とかなんとか。
いや、話がそれている。
いいものを得た。モノとしても気持ちとしても。


(写真はネットで拾ったもの)
夢之香港旅行


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この画集をきっかけに「臍の緒街道」(逆柱いみり)
2009/01/22 [Thu]08:54
中野のタコシェで個展があり、そこで画集を購入。
同店オリジナルなので市販はなし。オンラインショップでは売っている。

既刊(そして絶版)の単行本や、ビリケン商会のソフビとセットの短編漫画に掲載された絵、そして書き下ろしも多数。
最近の作品では出てこない「ぐるぐる目玉の風呂敷状のネコカッパ」もいて、懐かしいな。

個展で見た原画と比べて、色の再現度はどうかと思う絵もあるが、まぁそこは大手の美術出版でもずれることはあるし。
(というか照明や見る角度で変わっちゃうからな。別物は別物ということだ)
A5サイズでカバーなしの製本だが、それだけ手軽に眺め易い。もちょっと大判でもよかったのかなぁ。でも印刷のアラが出易いのかしら、A4だと。


逆柱いみりの漫画は、一応ストーリー的なきっかけで場面が動き出すのだけど、ある程度までいくと慣性走行に入って風景が続く。
読んでいてだんだん脳が痺れたような感覚を覚えつつ、めくるめく異様な光景を眺めて、数ページ戻ったり、細部の奇妙な生き物や建物や物体に笑いツッコミながら楽しむ。
画集はその脳内ドライブを純粋にまとめたもので、真骨頂。
クルマの絵も多めで(作者もあとがきで述懐)、まさに「街道」。タイトル上手いなぁ。

個人的にはカッパや、巻き込まれる女性なんかの言動も好きなので、できれば漫画を読みたいのだけど、貴重な作品も入手できてよかった。
本当は原画も買いたいのだが、そこのリミッターを外していいものやら。

なによりも巻末の作者あとがきが、味わい深いよ。


2月にはビリケン商会のギャラリーで原画展があるそうで、それも楽しみ。
しかし、こんな調子で原画を売ってしまうから、単行本が絶版のままなんだろうか。

はたらくカッパはたらくカッパ
(2005/04)
逆柱 いみり

商品詳細を見る

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

マンガで書いてある…「はたらくカッパ」
2007/06/19 [Tue]18:49
いみり再読その5。少年画報社の「アワーズ・ガール」に連載されていたもので、これまでの短編集にあった突拍子もなさをぐぐっと抑えようとしている力が読める。
アンヌがカッパのタコ漁潜水艦に就職してみると……という筋が最後まで守られている。すげぇ。よく一冊もったよな。

「アワーズ・ガール」とはいえ、「ガロ」や「アックス」と比べれば十分にメジャー誌。「IKKI」や「コミックビーム」でも載りにくそうなんだよな、ここまで砕けてても。

・・・・内容に関係ないところへ意識がいってしまった。
「はたらくカッパ」の魅力はカッパよりもやはりアンヌにある。「ケキャール社顛末記」の女子社員も良かったけど、アンヌのほうが仕事や生活にある程度の執着を持っている感じ。なんだ普通の女の子描けるんじゃん、と。動きもピョコンとしてるし、毛蛙(ケキャール)の血が目覚めるという仕掛けまで!
(どうやら父親は病気で毛が生えただけで、カエルには違いないようだ)
人物にちゃんと背景が(ストーリーに絡んで)用意されてるのって、初じゃないか。だから魅力的……というのは普通のマンガの作法なのか。腑に落ち所としてはごく普通。

カッパの歴史にも一応“設定”がある。でもこっちはマンガ用の設定でなくて、少年雑誌における“雪男の秘密”“UFOの内部図解”に近い雰囲気の、設定遊びなんだな。
作者の遊びに付き合ってるわけだ読者は。でも設定話が上手くて笑えて、下校中にずっとソイツの世界を聴きながら「なんでなんで」「どうなってるの」って楽しませてくれる友達はいたよな。昔。その感覚か。


で、行き当たりばったりにモンスターが出てくる後半は本領発揮。吹っ切れたようだ。メジャー誌だけどいいやってこと?

カニミソのドラッグ夢が入ったあたりで怪しかったが、無料のNORIMONOで運ばれたり、展望レストランが歩いたりという“移動で風景を見せる”技にはためらいがなくなっている。これがなくては、ともいえるのだが、これがあるから一般誌で連載できないのかもしれない。

もう無理に複数ページのマンガにしなくても、雑誌記事の口絵とかのほうがいいんじゃないか。ああでもそれこそ単行本にならないから、収入が減るのか。

マンガ好きとしては、「はたらくカッパ」くらいに筋があって魅力的な女性がいて、かつ世界はカッパ的なカオスというのは大好きなんだけど。落としどころが難しい。そんな媒体はねぇよと。


持ってる本がサイン入りだった。どこで買ったんだっけ。
そして関連で「アックス」の逆柱いみり特集号も買ってた。インタビューをいまさらに熟読。「はたらくカッパ」巻末の写生文(青林工藝社の社長による)と合わせて読むとさらに面白い。やはり絵描きの家系で、流浪の、浮いた感じの生き方が染みている人なのか。でも悩みが「カネがない」だったりして。

しかしこの、買ってはいるけどキチンと記憶にとどめていない、ぞんざいな扱いはなんなんだろう。そして今ぶりかえすように楽しんでいる。30歳を超えて懐が広がったか、俺。まだ若いな。

はたらくカッパ はたらくカッパ
逆柱 いみり (2005/04)
青林工芸舎
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

エマニエルの高級タクワンだっ「赤タイツ男」
2007/06/18 [Mon]11:51
いみり再読その5。
「ネコカッパ」で誕生した名キャスト、ネコカッパがここでも登場。風呂敷ネコ時代の名残のない、押し出しの弱い巻き込まれ体質。好奇心は旺盛だがケンカは苦手。
「赤タイツ男」ではひたすらにタイツを引っ張り、リメイクの「箱の男」では原付に乗って道楽者の海までの道中に付きそう。
いずれもいくらでも継続可能な世界だ。本領発揮。もう続けて読んでるし慣れてるから「え、終わるの?」なんて気構えで読む。負けてたまるか。

「箱の男」ではテレビの中に風呂敷ネコっぽい怪物が出てきて懐かしい。怪獣部屋の覗きシーンにファラオスが出てきている。デザインはすでにあったんだ。おおー。
笑わせようとしているのかどうかわからないが、アメリカ親父がソファをレイプするシーンではつい。ソファのいやがり方がまた。ソファのくせに!

2作に続く「地底人エマニエル」は悪夢的でエロめのお話。カッパが服を着てたりカップルだったり。お試しなんだろうか。基本はタクワン売りにいくお使いなので、またリメイクがあるのかも。
エロっぽい描写は、意外と合っていると思う自分は変態かな。ソファにしてもな。


作者としては、ネコカッパの発明と画力の向上によって、これならウケる!って気持ちがあるのかなー。何度でも描けるぜと。
繊細な芸術家肌の人を想像しているが、ひょっとして結構、大胆で太くて野心家……ってことは、ないな。

赤タイツ男 赤タイツ男
逆柱 いみり (2004/10)
青林工芸舎
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

タネが大きすぎはしまいか…「ネコカッパ」
2007/06/16 [Sat]14:02
いみり再読その4。箱入りで河出書房から。オビには松尾スズキの推薦文があり、アングラからちょっと前へ!……という狙いが河出のほうにあったんだろうか。発掘したぜー!とか。その後、続いてないのだが……。

タイトルどおりにネコカッパ登場。これまでの風呂敷軟体ネコの役目に収まる。目もかわいく2つあり、甲羅も背負って、手足はカッパ。かわいくまとまっている。風呂敷ネコのようにやたらに「かっ」と突き刺す凶暴さもどこへやら。

書き下ろし短編集といえるが、ネタはセルフリメイクのものが多い。「金魚」はMaMaFuFuの「ユウレイ」、「首長翼竜」は「ケキャール」、「クソボス」はチャイ語のタイトルのもの。
線が濃くなりつつも絵が見やすくキレイなのは、画力が上がったというか、紙も上質だから?河出のGJでもある。
でも新しく読んだような気がしちゃうんだな。落語みたいな感じだろうか。

完全な新ネタもある。「おつかい」は得意の市場散歩で場面を押し寄せさせて、ネコカッパをデビューさせてる、と思われる。
「岩助劇場」の異常さは説明しづらいが、書き下ろしの自由を得て達した域だとすると、この作者は連載とか雑誌掲載とか普通の漫画家の生業に向いてないのかなとも思った。やっぱり画家なんだよきっと。
などなど。

となるとネコカッパの発明が作者を漫画家としてつなぎ止めているのではないか。観察者を置くことでコマにおける視線や位置関係がじわっと出るというか。

面白いなぁ。(投げやりな感想になってしまった)


ネコカッパ ネコカッパ
逆柱 いみり (2002/07)
河出書房新社
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

会社がつぶれました「ケキャール社顛末記」
2007/06/15 [Fri]15:35
いみり再読その3。表紙はフィギュアの社長(軟体ネコ)とケキャール社の社屋と思われる写真。装丁は作者自身がやってるそうな。

ケキャール社がつぶれそうになり、インドを目指す社長(軟体の一つ目ネコ)と女子社員(わりと常識的で冷静沈着)。その行く先には借金取り、ヤクザ、忍者が現れて……。
おお、あらすじっぽいものが書けてしまう。お話しになっている。詐欺師である一つ目ウサギ(インド人だったり校長だったり)が売りつけたお札が伏線だったり。切れ目の少ない長編だ。へー。カーチェイスもあるし、出てくる人物は以上だけれども理解できる範囲のキティさん。

移動シーンはこらえきれずに「連続風景で見開き」も入れてるけど、「MaMaFuFu」を思えばお話しに全力を割いてるのではないか。
途中で社長の夢が入るので惑わされるが。もうこれくらいの脱線で驚かないよう。

全体的に巻き込まれてしまう女子社員がかわいい。ショートの地味なスーツ姿なのだが、にじむ社会性とカッパタバコでも平気で吸っちゃう雑さがいい。ヤクザを見て「レイプされてはかなわん」とかな。あ、一応警戒するのかと、逆にびっくりしたが。


これでちょっと安心してしまうが、今後、どうなるんだっけ。
次は「ネコカッパ」へ。書き下ろしかー。

ケキャール社顛末記 ケキャール社顛末記
逆柱 いみり (1999/11)
青林堂
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

かっ かっ かっ「MaMaFuFu」
2007/06/14 [Thu]14:29
逆柱読み返してみよう、その2。「馬馬虎虎」の簡体字、チャイ語読みでマーマーフーフー。
カラー口絵は各連載の扉だろうか。これ、家に飾りたいからポスターにして売ってくれまいか。

一つ目の風呂敷ネコが主役というか視点担当で、描き下ろしの「土龍刺器」では作者っぽい扱い。そこで「ようやく自分の本を出せた」のだが、広告コマを入れまくられ、表紙にはポップなカートゥーン調の一つ目ネコの姿があってガックリと。
いみり作品にしてはわかりやすすぎるが、一応売れ線へのなにがしかの意識はあったんだな……。

もはや学校とかデパートとか、現実にある(あった)風景は出てこずに、イメージだけの懐かしくくたびれた世界で塗りつぶしてある。カラー口絵も怪獣が街を襲うわけだ。脳内と作品世界で折り合いが付いてしまったようだ。

読み返して気づいたのは、今回の「道楽者の海」は「赤タイツ男」に入ってる「箱の男」と、そしてチャイ語タイトルの社長が切れて怒鳴り込む奴は「ネコカッパ」収録のクソボスの話と相似形だと。前者についてはネタの使い回しというか、バージョンアップというか、リミッターオフというか。ページ数増大で、もういつまでもどこまでも原付走らせられますよ的な余裕の伸びっぱなし。後者はなんだろ。繰り返しギャグか。

漫画家じゃなくて画家なのか。感覚が。同じモチーフで何度も書いてみますと。


今回の見た目としては。
線がだんだん太くなり、絵が細部まできっちりは保ちつつも暗部への溶け込みが深くなったというか。
次は「ケキャール社」。キャール力士ってのが風呂敷ネコの宿敵として出てきてたなぁ。寡作だけに、連続して読み返していくと面白い。普通に買えた単行本レベルでの連続だが。

Mamafufu Mamafufu
逆柱 いみり (1997/05)
青林堂
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

くそお 言葉が通じない「象魚」
2007/06/13 [Wed]11:11
ビリケン商会のギャラリーで「ファラオス」買えた記念の再読。94年の本だけど、買ったのは97年頃じゃないかな。どうやらこれが最初の単行本らしい。
ガロ読者でもなかったのに、どこで知ったんだろうか。わからない。
工場とくたびれた街並み、怪獣・怪物が大好きなのは最初からなんだな。

内容は短編集といえる。
「金魚」「鯉」あたりの、一応ストーリーがあるものでちょっと安心するが、たいていは展開に翻弄されたすえに放り出される漫画。

「マナティ」「象魚」「動物園」はこっちの持ってるイメージのズラシで……とかな、考えてもしょうがない漫画。読むんじゃなくて観るものだしな。

「血痰処理」や「うおのめ」を読んでると作者が女性だと思ってしまうが、男性だったと最近知った。巨大な怪獣とクルマにバイク、メカ、工場ってのは確かに男性趣味なんだけど。

過去に読んでおいてなんだが、意外にも4コマもあった。アイデア一発、オチなしの、使いやすい言葉で不条理というかシュールっての? もみあげを頬張ってあんこもちでしたってのはなんなんだ。笑い苦しむ。

現在の常連、ネコカッパは出てこない。代わりに一つ目のウサギがふてぶてしく、ルール無用に出てくる。
このキャラもいいな。



とかなんとか。まとまるはずのない感想に突入。中止。
ちょっと逆柱シリーズ、読み返していこう。

象魚 象魚
逆柱 いみり (1994/12)
青林堂
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

「赤タイツ男」の逆柱いみり氏
2004/10/24 [Sun]00:22
タコシェで新刊を購入。いつもの絵巻物、画本のような。特撮とかB級映画とか水木→つげとか大好きなんだろうか。
昔の少年漫画誌にあった「未来予想図」(チューブカーとか)を誤訳したような描写があるだけ。
赤タイツ男が小さいな、比率が狂ってるのかな思ったら実際に小男という設定だったり、グニャグニャのようでいて丁寧。だから流れるように読んでしまいそうなところを、ひとコマずつ舐めていくといいんだ。

んで、11月13日にタコシェで来店イベントがあるらしい。案内を見てみると「彼」とあって、初めて男性だと知る。勝手に女性だと思っていた。いみりという響きと、こんな売れなさそうな(おいおい)漫画を描き続ける精神や生活の基盤は女性のものじゃないかと。まったくもって勝手に。

赤タイツ男 赤タイツ男
逆柱 いみり (2004/10)
青林工芸舎
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。