09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
武鉄の星は熱くて明るい「ワイルドリーガー」
2007/03/30 [Fri]11:19
野球漫画、スポーツ漫画はあまり読まないのだけど、ちょっとしたススメもあって「ワイルドリーガー」をまとめ読み。

主人公は速球派のピッチャーで、ケガとブランクを乗り越えて復帰したロートルのカモン。青年ヒーローでなく技術的にも立場的にもいきなりクライマックスを迎えている。
したがってカモンの成長を追う漫画でなくて、カモンに触発されてチームが、ライバルが、変わっていく物語。

魔球を投げることで身体を酷使し、カモンもライバルたちも魔球を打つことを試合に勝つことよりも重視する(実際にしているかはともかく描写の重みは圧倒的に魔球シフトだ)。

カモンの父親に育てられた男とか、上質感漂う往年からのライバルとか、命をかけて魔球に固執する展開(自分より先に打たれると悔しがる)とか、「巨人の星」を思わせるところもあるが、もう圧倒的に明るくて華やかな祭りの野球漫画。
これが現代版(っても2001年からだから21世紀版)のスポ根なのかと。


描写が一球入魂で人物ゴリゴリ押しの展開だったりするので、実在球団を使わなくてもいいかなと思った。実名選手でストーリー展開にまで関わるのはごく一部。魔球周辺ではカープの前田選手くらいしかふれ合いがない。
魔球とカモンで引っ張り、祭りの野球で魅せるなら架空のリーグでも良かったかも。そっちのが自由にできたはず。でも、作者が野球大好きなんだよな。実在球団のからみはその夢でもあるだろう。

10巻でとりあえず第一部完。
女性関係が未消化だったりする。スポーツキャスターの人はどーなったのか? 突然のアソナナは?
あと御園生にリベンジしなくていいのか? カモンの腕は大丈夫か? 栗と小田をもっと活躍させてよとか。いろいろ積み残しでまとまりには欠ける。全体を熱気のドアップ&クールセリフで押し通したパワーで読んでしまうが。
人物に焦点を当てた短編とかで紡いでいくのもありかと思った。


ワイルドリーガー 沈黙のマウンドの巻 ワイルドリーガー 沈黙のマウンドの巻
渡辺 保裕 (2005/06/23)
徳間書店
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。