03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
どんなにみじめな生命であっても「風の谷のナウシカ」1-7
2008/10/08 [Wed]23:33
古書店で1995円だったので、まとめ買い。このくらいの巻数、金額がまとめ買いしちゃいやすい。

映画はリアルタイムに劇場では見ていない。テレビやビデオで見た。DVD時代になってからは見てない。
記憶の中のナウシカは強く美しく、大地讃頌で自己犠牲の人だった。いかにも主人公らしい、賢くて良いモン側というか。
周りを固める人たちも王族だったり超能力者だったり、なんだかトクベツな人だらけだし。

漫画も最後の最後までその印象だったのだけど、6-7巻の突き詰めと大逆転、大決心にしびれた。二週も三週もした末の思い切りの良さは、カッコいい。正しいかどうかじゃない。決断するのが人間なんだよな。いやさ生命は常に決断を迫られているのであって、そこを放棄したらそれこそ「みじめ」なんじゃなかろうか。

1-2巻のころはコマがちょい窮屈だったけどだんだん大きく使われたりとか、そういうのは時の流れかもしれないけど、テーマや視座については、描いてるうちに時代が90年代に入ったとはいえ、そういう変化ではなかろうよ。


最初はナウシカが王蟲や大自然を勝手に代弁しているようで、うさんくさかった。
浄化される世界なんてのも幻想じゃないかと。人間だけ愚か者扱いで世界から排除してまーるく収まるのは都合が良すぎる。それは自己犠牲で自己満足してるだけだ。人間も動物だぜ。食いつくして自滅するバカは動物にもいるし。
世界は人間でも誰かの意志でもなく、愚かさ込みの自然な成り行きでソコにたどりついたはず。
そこを人間だけのせいにしちゃーいけないよ。

……なんて思ってたら、ちゃんとその違和感も回収してナウシカが強く立ち上がってびっくりした。
間違ってても、長い目で、すごく上からの目線で効率が悪くても。「今を生きる」者として進みだす。
それが自然だ。
(時代も関連もズレるけど「マップス」でブゥアーを否定したゲンを思い出した)

物語としては大きくおさまるが、思えば人類のたそがれが明るい方向にむけられたわけではないのだよな。
ナウシカは娘として現れて母になるが、子どもは残さなかった。
問題はあるけど、終末は見えてるけどしょうがないのでこのまま生きましょう、か。よく考えたら、フィクションにしてはなんも前向きじゃないな。
大見得切って、自信満々であきらめて先送りしただけ。
相手が千年単位の大変動なんだからしょうがないが、2008年で30代の自分としては、どうにも困ったメッセージを託されたなとも思った。

このバトン、どうしろって?
どうもしませんよ。もちろんね。
で、いいのだ。いいんだよ。人間単位では、それでいい。それでつないでいけばいい。
それ以上に長くがんばろうとすると、不自然になるのだ。

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
(2003/10/31)
宮崎 駿

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

ゲドの原案本が本屋に(今頃?)並ぶ
2006/10/24 [Tue]02:47
近所の本屋で「シュナの旅」を発見。著者は宮崎駿で、今夏の話題映画「ゲド戦記」の“原案”になってた本、だよな。なんで夏に見かけずに今ごろ並ぶのか不思議だったけど、とりあえず購入。

イラスト+物語の絵本構成で、人さらいの要素はともかく、どのへんが元の案になったのかはわからない。絵柄だ、と言われたら笑って受け入れるけど。
主人公観からして親子で断絶があるような気がする。シュナはかなり頑張る主人公だ。誠実だしな。
後書きによれば「シュナの旅」はチベットの民話がもとだそうで、創作活動は積み重なっていくのだなぁ。

奥付によれば06年8月15日に67刷り。初刷りは83年6月15日。
装丁はおそらく当時のままっぽい古さで、そもそもアニメージュ文庫ってあったのか、へぇ。著者近影が黒々とした髪の御大(ヒゲなし)のままで、貴重なのか笑いところなのか。20年以上前の写真で近影か。

普通なら「ゲド」に合わせて装丁を新たにし、徳間文庫に入れた方が売れ行きは良かろうに。のっかり商品に組み入れまいぞという思惑がどこかで働いたか、とか考えてしまうが、確かに内容的な関連は薄いのでただの「宮崎マンガ」だと思った。

シュナの旅 シュナの旅
宮崎 駿 (1983/06)
徳間書店
この商品の詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。