07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
歴史VS個人じゃ分が悪い「石の花」
2004/10/30 [Sat]00:07
4巻を入手し損ねている間に「バージョン」上下巻も読了済みだったので、連続して坂口尚作品のクライマックスを体験した。このまま「一休」に行こう。

「バージョン」ももちろんそうだけど、大友克洋的描写の安彦良和的な脚本世界。メッセージのシメがとめどない語らいになるところまで一気に読んでしまう吸引力がある。
ユーゴスラビアを舞台にナショナリズムとナチズムと共産主義とが絡み合って殺しあうのだが、読んだ後になんとも無力感に襲われる。メッセージはキッチリとシメられているのに。
なんでかって、主人公側というか、作品中の架空キャラの存在が無力すぎるのだ。安彦良和の「虹色のトロツキー」でもそうだったが、主人公は運よく生き延びて作者の心中を代弁するだけで、歴史の流れに対してなんにもできない。状況描写の視点でしかない。
漫画にヒーローは必ずしも必要じゃないけど、主人公の存在がストーリーの中でどんどんなおざりになっていくようで、おいてきぼり感を抱いた。

ナレーションやト書きが増えてくると、主人公に肩入れして政治ドラマや銃撃アクションとして踏み込んでいった作品世界の中で視点を失ってしまう。
てゃいえそれがまとめられるのは最後の長セリフだったりするんで、長い長い状況描写から解放されて作品としての解答を得る快感も大きいんだけど。

石の花 (1) 石の花 (1)
坂口 尚 (1996/07)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。