06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
みんな妖怪ですよッ!!「水木しげるの遠野物語」(水木しげる)
2010/02/11 [Thu]09:19
御大、米寿にして新作を描く。原作は柳田國男の遠野物語。
いつでも描けたような気もするし、作者を不老不死と仮定するとこの先でもいいのだが、2010年は遠野物語100周年なんだそうな。

原作は読んだことないのだけど、聞いたままの説話集というのは知ってる。
ザシキワラシ、山神、ヤマハハ、河童、雪女、オシラサマら、遠野の神々や霊的な事象、人ではないものとの付き合いが描いてある。

説話らしく「こういうことがありました」でさくっと終わったところに、時折(わりと頻繁に)水木しげる自身が作中に登場して感想を添えるだけ。
短いものは短いまま。一コマで解説されていたりもする。
外国人だったんじゃないかとか、自然現象に名前をつけたのでは、教訓のためだとか、無理に解明しない。
神々、妖怪の仕業であると受け入れる。
御犬や山神はもう、どうしようもない。逆にまったくの幸運もある。
幸不幸について、行いがいいとか、無垢であるとか、その辺が関係ないのも面白い。

このあっけなく、無力感すらある世界は「考え込んでもなぁ…」という自然への畏敬となっているし、実に水木しげる作品らしい。
作中で遠野物語が作家活動の参考になったことも言っているけれど、神々や妖怪の事象から、接し方も影響受けてるのではないかと。
この調子でぜひ「遠野物語拾遺集」も描いていただきたい。
なにしろ前世を想起してしまうほどお気に入りなんだから。


しかし、柳田國男邸を移築した喜談書屋(緑蔭小舎遠野)の豪華さに、我に返るもであった。
充実した設備で、ぜひ妖怪会議を! って実際に民俗学の社交場になってるんだろうな、きっと。

水木しげるの遠野物語 (ビッグ コミックス〔スペシャル)水木しげるの遠野物語 (ビッグ コミックス〔スペシャル)
(2010/01/29)
水木 しげる

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

貸本版を!!「悪魔くん 世紀末大戦」(水木しげる)
2009/09/12 [Sat]09:46
なくなってしまったチクマ秀版社の「悪魔くん」をブックオフで発掘。

「悪魔くん」はアニメの記憶のほか、ちくま文庫で「悪魔くん 千年王国」を読んでいるが、あまり覚えてないのだよな。
一万年にひとりの天才が世直し、というプロットだけだ。

この「世紀末大戦」は、仕掛け人が「貸本版の続き」として作者を動かし、87-88年に連載されたもの。
舞台が10年後の97-98年に設定されていて、好景気の時によくぞ不景気で不自由な社会を描いたものだよとは思うが、刊行が05年で読んでるのが09年だから、実にタイミングが悪い。
そもそも残念ながら漫画としてはいまひとつ、盛り上がりに欠ける。

貸本版にこだわるあまり、あらすじで序章を割いてしまって出鼻をくじかれているし、
その後の本編も盛り上がりどころを逸したまま続いてしまったのではないか。
悪魔くんの復活、使徒の集まり、敵となる政府や悪魔の侵攻など、あらすじのままのスピードでザクザクと進みすぎている。
アクションの場面はそこそこ描いてあるんだけど、世界や物語があっさりしすぎている。

と、「千年王国」ではどうだったか、思い出せないところでなんなんだが。

長期連載のノリなら、復活した悪魔くんがぶちあげる世界の改革についてねちっこく、壮大に語ってノセてほしかったし、
短期連載なら使徒や敵軍勢をガッツリだして盛り上げてくれないと。

なんて僭越にも思うのだが、要はやっつけ感があるのだ。


あとがきの解説で、仕掛けた当人が「ほかの仕事が忙しくなったので友人にパス」みたいなことになってるし、貸本版にこだわるあまり、迷走した作品なんじゃないだろうか。

というわけで、「千年王国」を読みたくなったんだが、もう手元にないんだよな。
悪魔くん世紀末大戦 (Legend archives―Comics)悪魔くん世紀末大戦 (Legend archives―Comics)
(2005/05)
水木 しげる

商品詳細を見る


悪魔くん 貸本版悪魔くん 貸本版
(2007/06)
水木 しげる

商品詳細を見る


悪魔くん千年王国 (ちくま文庫)悪魔くん千年王国 (ちくま文庫)
(1988/06)
水木 しげる

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

オレは芸術的画家だ「劇画ヒットラー」(水木しげる)
2009/07/14 [Tue]10:35
ちくま文庫で読む。
巻末に参考資料が列記されていて、戦争には一家言ある作者らしいリサーチに基づいている作品と思われる。

そのせいか、全体的に普通の「ヒットラーとナチス党のあらまし」ダイジェスト漫画になっていて、漫画としてはつかみどころがない。
でも水木世界は「こんなことがありました」「そりゃひでぇ」「ゲッゲ、ゲゲゲノゲー」だから、史実を基にしたらこんな感じかな。
「昭和史」もこんなだったような気がする。

なにしろ、ヒットラーが普通のバカである。もっと有体に狂人だったり。ユダヤ人にトラウマがあったりしたら、わかりやすいのだが、なんとも普通の、ドイツ人の復権を願うバカだ。純度が高いだけ。
とりつかれたように、点描を打たれた舌を出して「ムホーッ」とかやってくれたら、ヒットラーはオカシイねと笑えるのだが、剛腕で演説がうまい政治家って、現代にもいるじゃないか。

演説のうまいヒットラーを掲げたナチス党が少数の過激派から最大議席を確保し、数年のうちに「ハイルハイル!ウワーッ!」な国内になってしまったこと。
表立っての法的には問題もなく、まっとうな手続きでヒットラーが支配者になったこと。

こんな大失敗例があるのに、なんで民主主義なんてのがいまだに採用されてるのか。
間接民主主義なんて、共産主義と同じく、失敗の発明だろ。


漫画としての物足りなさから、問題はヒットラー個人にあるわけじゃないのだなと思った。

ドラマチックなヒットラーを読むんだったら、やっぱり「アドルフに告ぐ」かね。
読み返すかは未定。

劇画ヒットラー (ちくま文庫)劇画ヒットラー (ちくま文庫)
(1990/08)
水木 しげる

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

猫は人間の調教がうまい「妖猫夜話」(水木しげる)
2008/11/24 [Mon]12:42
どうぶつ出版という、おそらく動物関連の本専門の出版社から出ている「猫漫画短編集」。ちょっと前の神保町ブックフェアで買ったんだった。300円は安い!

猫漫画のシリーズがあったわけではなく、鬼太郎も含めて作品の中から猫が出てくるものを探して構成した模様。著作の数を考えると大変な労力だったのではないか。
巻末に初出誌がきっちり載っているところもうれしい。
「猫鬼」が「漫画ジャイアント」誌(桃園書房)の昭和51年って細かい情報が実用的に必要なのは研究者かマニアだろうけど、ただ読んでる方としてもいつどこで書かれたのかは気になる。


内容はといえば猫が主役で選んでいるが、鬼太郎が出てくる話もちらほら。表紙で踊らされてる猫も鬼太郎とねずみ男だ。
例によって事件が起きて、解決しようとして、できたりできなかったりするけど、ま、困ったねぇ。
……という淡々とした展開の水木味。このヒュ~ストン、な感じがやはりたまらない。(なにその適当な感想は?)
「猫町切符」では鬼太郎をも手玉に取る猫の恐ろしくも不可思議な力が描かれるが、「影くい猫」では大事件をあっさり解決できたりする。
自由気ままであり、隙あらば人間社会の支配を目論んでいる肉食の妖怪生物。でもかわいい。

肉食なのに甘えるのが上手いんだよな、猫たち。賢く見えるところもあるし、サイズが大きければ虎なんだってことは忘れちゃいけない。

猫がかわいく描かれているわけではないので、猫好きよりはミドルクラスの水木ファンにおすすめ。
読んでない短編をいいテンポで読めてよかった。

妖猫夜話―水木しげる猫漫画短編集妖猫夜話―水木しげる猫漫画短編集
(1996/04)
水木 しげる

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

原作と作風の幸せな出会い「今昔物語」(水木しげる)
2004/09/13 [Mon]23:54
コンビニで水木しげるの「今昔物語」を買う。要するに軽装版だ。
「マンガ日本の古典」シリーズからの収録とのことで、全部入ってるのかはわからない。

不思議と、今昔物語ベースなのに水木短編集のテイストいっぱい。シナリオを水木風に書き換えたのかと思うくらいだが、さすがにそれはないよな(?)。
「赤鼻」「妻への土産物」「幻術」あたりは教訓じみた要素があるものの、「墓穴」「引出物」はもう、やりっぱなしというか、やり放題というか。
無理に落とさないところ、アッサリ見せるところで原作と作風が一致していて、ゲラゲラ笑ってしまった。あと、絵が上手いことを再確認した。

今昔物語 今昔物語
水木 しげる (2004/09/04)
嶋中書店
この商品の詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。