09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
対談は本編とあまり関係ありません「ああ探偵事務所」12
2007/04/03 [Tue]18:13
昔、1巻だけ買って止まっていた「ああ探偵事務所」の12巻を購入。帯に「島本和彦との炎の対談を完全収録」とあったため、これを機会に。

後半はキャラ情報が前提のネタだったが、前半の漫画原稿紛失事件はするする読めた。真ん中の探偵学校のところはギリギリ。短編集の体裁で、12巻をいきなりここまで楽しめるのはすごい。線が細かくて丁寧だから読みやすいし。
過去にドラマ原作にもなってたっけ。その際に1巻を読んだんだ。

笑いと仕掛けと心理描写がしっかりしてて、キャラのお約束も育ててある。なるほど人気シリーズのはず。面白くないと感じる人が少なそう。
しかし単行本を全部揃えようとまでは、自分の場合はちょっと及ばない。購読誌にあるとうれしい作品か。


目当ての対談は、方向性なし、投げっぱなしの展開。作者サービスかも。島本氏の発言が本気なのか対談用なのか、さて。本人は使い分けてるようで同じってことだろうと推察。
損のない衝動買いだった。ヤングアニマルのわりにはエロが少なめで、雑誌の中でも貴重な存在なのでは。

ああ探偵事務所 12 (12) ああ探偵事務所 12 (12)
関崎 俊三 (2007/03/29)
白泉社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。