03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
突然ヒーローなウルトラ世界
2006/07/22 [Sat]02:23
ウルトラマンというかウルトラマン世界の誕生段階を語る「ウルトラマンSTORY0」の3巻までを買って一気読み。

地球人が出てこないので、ウルトラファイトに巨大感はない。これはもう、「それはそれ」だ。

でも特に思い入れのあるウルトラ作品がないまま、キャラクターへの漠然とした知識だけで読み進めても面白い。これは「仮面ライダーSPIRITS」と同じで、漫画力で読める。さすが講談社というかマガジンZか。ガンダムAを初期のころに買ってたけど安彦良和の「ORIGIN」以外に読むものがなくて参ったが、マガジン Zは漫画誌として頑張ってるということか。
(どっちにしても今、掲載媒体を読んでないのだが)

ウルトラの星というか、とある惑星で人間風貌の人たちが人工太陽を作ったら怪獣だらけの宇宙になったよ、なんで? ……という設定で、とりあえず3巻まででは原因とかウルトラ側の「やるぞ!」的な姿勢がまとまったところ。突然ヒーローになってしまって正義感まで備えるとは見上げた文明人だ。
とりあえず困ったらゾフィーが飛んでくるのはお約束か。

ウルトラの父かと思ったらゴライオン、メカっぽいからセブンかと思ったら違うとか、「STORY0」独自の戦士が(普通に)出てきた。オリジナル展開を加速させるぞ、という布石か。粗暴な口調のやつもいるのに、怪獣を殺すのをためらう戦士もいたりして。
表紙になってるタロウは特別な戦士として生み出されたところで終了。シルエットだけじゃんか。

で、みんなレオとかエースとかジャックとかセブンとか“下の名前”で呼び合ってるわけだが、これだと初代マンはどうなるのか。タロウと並んで特別なキャラとして立ち回りそうだし、名無しではまずいような。

ウルトラマンSTORY0 3 (3) ウルトラマンSTORY0 3 (3)
真船 一雄 (2006/07/21)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。