01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
リボンと靴が一体整形なんだよ「一撃殺虫!!ホイホイさん」(田中久仁彦)
2009/01/09 [Fri]11:47
すっかりイラストレーター専業かと思ってた人の漫画。しかもゲームにもなって最近は続編を描いていたようで、知らなかった。

害虫駆除用ロボットのアクションは激しいけれど実際は小規模なので呑気だし、ロボットフィギュア開発やファン活動周辺まで含まれていて面白い。
単純な萌え系じゃなくて、実際は萌えようとしてヘコませられる自虐の内輪ウケがギャグのエンジンだ。
ホビーロボットやドールのカスタマイズ商法とか、同人活動とか。
脇道だが、むーちゃんの非道オタクぶりは笑える。メーカーの熾烈な開発競争も突き抜けた内輪ギャグだ。ホビー業界の暗部(笑)がココに、という。

思えば漫画的な絵で、人間とフィギュアを描き分けるんだからすごいなー。
手足の感じや表情や、持ち物のディテール甘さなんかで、フィギュアらしさがちゃんと書いてある。
違う画風で同居させる(例えが遠いが「おやすみプンプン」のような)んじゃなくて、作品内で人間とフィギュアの見え方がきっちり規定されてるのね。
そういった意味でも、ホビーロボット・フィギュア漫画として上手いな~と。

ただ絵が上手すぎて、ホイホイさんがだんだん小さく見えなくなることも、あるにはあるが。
デキがいいドールだからってことも言えるな。なにしろ初代と現在ではだいぶ仕様が違うみたいだし。

身長11cmちょいで約3万円ってことはタカラトミーのアイソボットくらいの値ごろ感。それで害虫駆除の実用機能があったら、確かに売れそう。
(世界的なヒットにはならないだろうが、ホビーロボットの分野はちょい流行りくらいでやたらと称揚されるからな)

害虫のサイズや移動スピード、活動エリアを考えると射撃、噴射系の武器じゃないと勝てなさそうだけど、根本的に駆除剤が効かない世界なんだよな。
となると打撃や斬撃や電撃、燃焼なんかの物理攻撃ってことか。後処理が大変そうだが、ごみ袋にまとめて出しておいてくれるみたいなのでよろしい。
ああ、そこまでやるからヒト型なのか!
こういう、細かいところの「設定」がしっかり妄想されてて面白いのよな。

一撃殺虫!!ホイホイさん (Dengeki comics EX)一撃殺虫!!ホイホイさん (Dengeki comics EX)
(2004/10/09)
田中 久仁彦

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。