FC2ブログ
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

すっごい自信あるんですよ「トコトコ節」(いましろたかし)
2010/06/28 [Mon]09:35
ちょっと前に古書店で入手していたもの。
復刻版にすらちょいプレミア値がついてるんだなぁ。これは普通の価格だったけど。

短編集で、どうにもならないこともないユルい現実を、情けなく生きる男たちの物語がいっぱい。
今の季節のような、暑い時期に読むといいかもしれない。
汗臭い。

千葉のような、憎まれない生き方もいいかもしれない。
誰とも競わず、焦らず。
なりゆきで大麻もやっちゃうけど、大きく踏み外すような度胸もチャンスもない。

なんて、情緒的に考えてしまいそうになるけど、ベースはもう、「なんてことない」感。
考えすぎるほどもなく、ダラダラしている。

「ああサマータイム」なんて、海岸で排泄したらひょんなことに、という一発ギャグを仕込んでも、
なんだかカメラがロングでゆったりしてるんだよ。
オオゴトにならず、世間もそれで動揺しない。
ああ、海岸でバカがなんかやってるなと、遠巻き。

この浮いてる感がまたいいんだね。


トコトコ節 (Cue comics)トコトコ節 (Cue comics)
(1995/02)
いましろ たかし

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

一部では有名よ「デメキング」(いましろたかし)
2009/01/19 [Mon]09:36
実写映画になるというので読んでみた。いろいろ見つかった中で完結編をセレクト。
仮面ライダーのようにマフラーをたなびかせながら疾走する蜂屋がカッコいい。

しかし、完結になってねぇ! 謎が増える加筆ってどんなだ。
中盤までで示される伏線からして、一冊ではまとまらない“余韻系”の作品だってことは予感してたけど、帯についに完結と書いてあってコレか!
以前の版を持ってた人は当然、買うだろうけど、これはまた。でもその発刊のグダグダさも味なんだろうきっと。

あれか、完結しない結末も含めて名作です、ということだ。
だって確かに面白い。放り投げられたままの感覚からして、主人公の立ち位置と風合いが重なるのよな。作風と連載の都合と作者の根気やなんかが、奇跡的にブレンドされた成果物。

地方でのテーマパーク作りでも、大阪の万博でも、ましてや上京してどうこうじゃなくて、いきなり世界を変える革命的な情報を手に入れてしまったら、そりゃまともに生きることなんてできない。
学生運動の時代だし。
田舎の高校生から一気に革命リーダーだぜ。そりゃ憧れて人生狂う。

だがしかし、そのせっかくのヒーロー設定も、受け取った側が天才バカだと始末が悪い。
マジメに考えて、慎重に行動しているようでいて、成果が上がらないあやふやさが、たまらない青春の匂いがするんだよな。
収録された対談からして、当初の構想からは大きく逸れたそうだが、この不時着は見事。


映画でどうするんだろう。加筆より先の展開は、なくてもいいと思う。絶妙なバランスなんだし。

デメキング 完結版デメキング 完結版
(2007/07/19)
いましろ たかし

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード