09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
命ある限り食え!「恐竜大紀行」(岸大武郎)
2009/05/19 [Tue]09:05
所十三「恐竜発見記」で思い出した恐竜愛、その原点を振り返ってみる。

中学生のときに「恐竜大紀行」と出会って、恐竜ファンになったのだよな。
ドラゴンボールはじめ、派手なジャンプ漫画が全盛だったので、周囲からは「マジで?」「すぐ終わるでしょ」「ほらもう終わった」などとイジられたけど、どうしたって名作は名作だ。

新装のジャイブ版では鳥山明も同じ誌上での連載で感銘を受けた旨、書いてあるのだ。
どうだ。派手好きな漫画権威主義者の同級生!!(当時に向かって叫ぶ)

と、溜飲を下げるだけが目的ではない。

恐竜大紀行は、作者も言うように、恐竜の最新資料とか、ただしい解釈の漫画表現を目指していなくて、描くのは生き物たちのドラマだ。
親子や仲間と育む愛、男のプライド、成長と進化、生と死。キーテーマだけを抜き出すとベタなんだけど、獰猛で巨大で、愛すべき鈍重な恐竜(と古生物)たちが織りなすと、それは無駄のない王道となる。

自分はコレで恐竜ファンになったつもりではあるが、個体のユニークさとドラマに魅かれたわけで、どうりで恐竜研究はおろか理系の関心を持たなかったわけだ。
隣の世界のファンタジーとして楽しんでたんだから。
だから、一番好きなのは「サンダー(アパトサウルス)とペッカー(アルケオプテリックス/始祖鳥)」の話だったりする。
ケロンじいさんが見た、海洋生物の弱肉強食、盛者必衰の理なんて、「ブッダ」にも通じる生命観だぜ。
でもそんな生きるか死ぬかって時代を呑気に生きるアンキロサウルス一家の話もある。
(最後に「絶滅の時が・・・」なシメ方も深いけど)

そもそも、当時でも今でもジャンプでこんなにも絵が素敵な漫画はなかっただろう。
緻密なだけじゃなくて、躍動感や巨大感、一瞬の動きをスローで見せることで逆にスピードが際立つとか、うますぎる。
スカーフェイスが獲物を襲うシーンとか、プテラノドンの母がエラスモに食いつかれるところとか、サンダーの立ち上がりとか、ドンの「最後の務めだ」とか、雨に打たれたキングの泣いたような、地を浴びたような表情とか!
名場面が随所に出てきて、良質のドキュメンタリーなのよ。

って、中学生のころに読んだから、ってのもあるんだろうけど。
一巻完結の名作を5つあげて、って言われたら、コレは絶対に入るね。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。