01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
スジの通らねぇ真理は「鋼の錬金術師」(荒川弘)25
2010/04/30 [Fri]09:03
クライマックスらしく死者、リタイア者が重なり、巨悪が語りだす。

ガイドブックを読まないと把握しづらい部分もありそうだが、
大テーマの「真理」の正しさと脆さと非情さはわかる。

技術を駆使する人間にとって、どこからが高望みで思い上がりなのか。
それを抑圧するのが「真理」なんていう一方的なものではないよね。

ラスボスこそ「等価」をねじまげてまで目的を達成しようとするなんて、
思い上がった人間らしい面があるんだよなぁ。

テーマは欲望。欲望は希望でもある。等価交換を繰り返してたら、人は前に行けない。
高望みして何かを得ていかないと。


で、重要なシーンにアルの肉体のところがあるのだけど、
あそこはもうちょっとほしい。十分に描かれているようでいて、実は一直線だ。
もっと葛藤してほしい。あそこがスタートなんだから。
悩んで諦めて、かつ裏目だったという展開だったら絶望もひとしお。
スピード感ありすぎの展開に飲み込まれたかな。

鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
(2010/04/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

完全な存在になりたい「鋼の錬金術師」(荒川弘)24
2010/01/06 [Wed]09:51
前の巻のクライマックス感を引き継いだまま疾走。
ブラッドレイ大総統もむき出しに敵役で、本拠地を舞台に暴れる暴れる。

RPGでいうとラストダンジョンで乱戦をしている状態か。
ラスボスの姿は完全には見えず、目的や意思についてはいまいちつかめない。
RPGでいくと、ラスボスは変身を残しているのだよな。

キーワードは「完全な存在」。
いかにも人工的な言葉だ。対して、エルリック兄弟はとことん欠けている。身体的にも、心理的にも、家族のことでも。
欠けた肉体や家族を取り戻そう、完全なものに戻そうというのは過ちの発端なんだから、敵側の「完全な」なんてのはもう打破されるべき象徴みたいなものだよね。

父親は敵が抱えた過ちを克服している。
となると、ラスボスは過ちを克服するか無視できる力を持っていて、かつアクション漫画のボスらしい、具体的な力を伴って出現するのだろうなぁ。

まだまだクライマックスは続く。ちょっとしんどくなってきたが(緊張感に)、想像もつかない大団円になるのだろうなぁ。
(こんだけ想像しておいてなんだが)

鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
(2009/12/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

理解されるなんて…っ!「鋼の錬金術師」(荒川弘)23
2009/08/18 [Tue]09:04
ぶっちゃけ飽きて来た時期もあったけど、読んでてよかったこのテンション。
ホムンクルス側の目的、主人公側のメンバーが出そろって、オールスターでクライマックスしている。

今回の大きなバトルは2つで、一方は引き分け(またかよ!)だが、もう一方はカタがつく。
国家とか戦争とか、兵器とか生命とか、でっかい看板はあれども、基本的に自分のため、身内のために体を張るのがヒロイックであるな。
人間の限界と、だからこその良さを、ベタを恐れずに正面から描いて、だからこそ、伝わってくる。
人殺しへの覚悟や葛藤もある。だから許さないけど殺さない。
きれいごと言わなきゃ少年漫画じゃないよ。

すごいなぁ。重たい題材をアクションとギャグ交えて、多くの人に読ませている。


見どころはアームストロング姉弟の共闘と、大佐の圧勝ぶり。焔、強すぎる。
アルの戦いを見ていて、自分そっくりの鎧を作るセルフデコイの戦法は使えないのかなと思った。金属が足りないのか。


でさ、盛り上がってるところなんだが、エド、活躍してないよね?
大総統とやりあうのもロイだろうしさ、ホーエンハイムが出てくるまで脇役なのか。かわいそうに。

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
(2009/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る


テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

息災で何より!「鋼の錬金術師」(荒川弘)21
2008/12/24 [Wed]09:08
最終章突入らしいが、4月からアニメも始まってことは2クールとして9月まで。単行本でも完結はそのころじゃないかと勝手に予想。
テンションの維持としてはちょうどいいんじゃないかと勝手に編集者目線。

この巻の見所はホムンクルスのプライドの初実戦。アクションは相変わらずの「鮮やかな体術」「ビュンと飛んでくる突起物」「大胆な行動に出る敵」の組み合わせ。
相変わらずだけど、少年誌で連載を読んでたらこうでなくてはと思うよな。懐かしめのジャンプ的なアクションと、緻密な描写とねちっこい設定と、かっこいいキャラ(ギャグもできる)。いろんな層を取り込める魅力があるよなと改めて。

敵がどんどん味方になり、対ホムンクルスで同盟が編まれていくが、主人公がとんと強くならない。こう、悟りを開いて錬成力3倍!みたいなことが。腕がカーボンになったくらいだ。「ベルセルク」みたいに大砲を仕込むでもなく。
錬金術でなんにでもなれるから、パワーアップが目に見えないってのは、古めのジャンプ的バトルを含む作品としては惜しい(と勝手に編集者目線)。
赤いローブにこだわったところで、おおっと思ったものな。

さて、最後まで付き合いまっせ。

鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
(2008/12/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

仲間にならねーか?「鋼の錬金術師」(荒川弘)20
2008/09/12 [Fri]15:42
グリードまで仲間になってしまった。これはリンが帰ってきたと思うべきか。

登場人物やそれぞれの思惑はまだまだ見えてないところもあるけど、この世界の人たちはみんな、賢い。
合理的というか、論理的というか、計算できないバカや熱血、迷惑なことがあまりないような。
「ムシャクシャしてやった」的な行動が。世界は理屈で回っている。
わき役も賢くて小回りがきくから、エドチームもアルチームも、オリヴィエもマスタングもそれぞれ、ちゃんと動く。
この辺のカッチリしたコンビネーションが「よくできすぎてる」感があって、と読むのは贅沢かな。
もっと突然の悲劇、意味不明な災厄、予測不可能な変動を! って感動ジャンキーかよ。

大ボスはなに考えてるのかまだわからないけど、思うにRPGのラスボスくらいに「実は」的な告白を最終的にはしてくれそうな気がする。
訳あって扉を開き、事情があって惨劇を起こしているに違いない。
そう、世界は錬金術のように、理屈でできている。
でも漫画ではその理屈にも違和感があるってんで、きっと世の理の大崩壊もあると期待しちゃう。(どっちやねん)


十分にクライマックスなんだけど、舞台としてはシン国がからんできてない。
そこはおいとくのかな。もしくは血を求めて軍が向かうのか。

鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
(2008/08/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

魂を使う感覚!!!「鋼の錬金術師」(荒川弘)19
2008/03/31 [Mon]09:32
ホムンクルスの原点が語られて、あれ、実はクライマックスなの? という19巻。スピーディに展開するし、毎度の興奮が高いので意識してなかったが、思えば敵側の計画は大詰めだ。
大シナリオに、真理や扉の向こう側、等価交換、人体練成、錬金術と錬丹術の関係など「設定」の解明が合流してキレイにまとまりそうな感じ。

そうだ設定だ。ギャグや日常会話にも混ぜて、細かいルールや仕組みや関係性を散らしているのな。公式ガイドブック(あるの?)とかでまとめて解説されてそうな情報がそこかしこに。
錬丹術の「感覚をとぎすませて!」と、エドが自分の肉体にやった「魂を使う」は似ているなーとか、実際のところはどうだかしらんが、まぁ、読みながら別世界を探るようなね。みっちり作ってあるから、その箱庭を巡るようで楽しいわけだ。

でも設定資料集みたいなものがあったとして、それを読みこんで知る楽しみとはちょっと違うんだよな。
読んでいて軽く理解を求められる程度でいいというか。誤解でも平気だしという安心感もありの。

で、わりと悲劇を起こす作品内セオリーからすると、北方で血の惨劇は起こる。アームストロング少将やブリッグズ砦の面々がカッコいいだけに心配だ。

知りたい直したい治したい、戻したい。便利で快適に暮らしたい。
「ハガレン」って人間の欲望が充ち満ちた、なんと醜い世界なんでしょうねぇ。
それを背負ってる人間は作中でやはりシャンとしているのだけど。


→16-18巻の読みログ
この国の成り立ちも錬金術も「鋼の錬金術師」18
カーボンファイバーも使えます「鋼の錬金術師」17
春なのに北へ「鋼の錬金術師」16

鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)
(2008/03/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この国の成り立ちも錬金術も「鋼の錬金術師」(荒川弘)18
2008/01/13 [Sun]10:27
なんだかだ読み続けている18巻。買って読んだの去年だよな。
コトの核心に迫るための遠回り北方編、まだまだ混迷。

ルールやしがらみが積まれてきて、大局的な動きがてんこもり。18巻から読む読者はいないだろうけど、対立関係や強弱関係、それぞれの思惑(本音と建前)を思い出したりしながら読む。

こんだけ積み重ねてもギリギリ意味不明にならないのは、きっちりバックグラウンドを作ってある(ような)のと、少年誌だからか説明的なわかりやすい描写が厚いこと。作者は優しい。
設定や大シナリオだけで十分重たいからトークはとことん軽いものな。
で、基本はキメラだろうと生命や人間としての尊厳を重んじると。スカーの贖罪や歩み寄りももしかり。

思えばエルリック兄弟はわりと、弱い設定なのではないか。有能な錬金術師ではあるが、相手が人外なので手に負えてない戦いをずーっと強いられている。

でだ。敵側も大シナリオに沿って動きが鈍かったりしがらみがあったりして、歯切れ悪いんだよな。ホークアイくらいさくっと殺しちゃうくらいの巨悪かと思ったら、だ。
大きな収束地点が見えないので、そろそろ人気キャラか重要人物に大ピンチの季節かと。

鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 18 (ガンガンコミックス)
(2007/12/22)
荒川 弘

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

カーボンファイバーも使えます「鋼の錬金術師」17
2007/08/15 [Wed]10:41
やや遅れて購入。いまいちしゃっきり進まないなぁ。

北方で足止めされ、中央とにらみあい。どちらも決定打をつかめないでいる。死人も出たが、いまいちピンチ感が張りつめない。
ホーエンハイムの回想シーンも含め、相変わらずの小出し展開。いや、これこそが現役で飛ばしてる漫画を読む醍醐味なんだけど。

ウィンリィが読んでる本にCARBON FIBERなんてのがあったり、セリフや描写の見せ方、見え方が伏線っぽくもある。そのへんをじっくり読みましょう。物語をさくっと消化しちゃうだけじゃいかんよ。と、自分に。

不思議なのは、トンネル掘るなんてのは、それこそ錬金術を使ってガーンガーンと進めればいいのではないかと。なぜ一人のホムンクルスとトロッコを? さすがに長すぎるから自動化してるのか。(納得)


表紙を外したらアームストロング家の面々と、ウソ映画の告知ポスターが。作者の遊び心はおまけ4コマにも現れてるけど、本編と同人誌を作ってる感じなのかなー。
二次創作したいファンは大変だ。

鋼の錬金術師 17 (ガンガンコミックス) 鋼の錬金術師 17 (ガンガンコミックス)
荒川 弘 (2007/08/11)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

春なのに北へ「鋼の錬金術師」16
2007/04/07 [Sat]04:09
Amazonからようやく届いた新刊のひとつ。和書にエレクトロニクス(プリンタのインク)を混ぜたからか、発送日がいきなりズレこんだ。ま、雑誌を追いかけてない時点で即読みを気取れる立場ではない。

敵側の目的が壮大でスローなのと強力すぎて余裕なのとに助けられてなんとか活動を続けているエルリック兄弟。
この漫画は激しく戦ってもたいてい引き分け、逃亡で終わる。でもたまに重傷、死亡があるから重たいわけだ。作者は基本的に命を尊んでいる。大量死と大バトルでメリハリが効いてるというか、愛あるバランスで成立しているシナリオ世界といえる。

今巻は移動が主で、ちょっと盛り上がりに欠けるパート。
新天地で新キャラ、新ルール。冒険活劇モノとして飽きさせない仕掛け満載で17巻に続く、と。
うぬぬ。上手いがさすがにジレてきたな。「ベルセルク」的といおうか。この展開。

鋼の錬金術師 16 (16) 鋼の錬金術師 16 (16)
荒川 弘 (2007/03/22)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。