05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
見えない商品を王様に売りに行く「限界集落温泉」(鈴木みそ)1
2010/03/04 [Thu]09:43
「銭」に続いて、限界集落の温泉宿を舞台にした町おこし漫画が始まっていたようだ。

再生事業の勝手仕掛け人はゲームクリエイター、シンボルはネットアイドル、支えるのはネットアイドルを追いかけてきたギークたち。
ネット回線は細いが、やるだけやればなんとかなる。
モノに情報をのせれば別の価値になる。意味を変えるウソの技術でぎこちなくも華麗に物語は進む。

出てくる面々は濃い人ばかりで、取材と実体験に基づいた展開には隙がなくて、濃厚すぎるかも。そこは濃い口が作風だ。
モデラーもいるから、きっと土産物を作ってくれるだろう。伝統の素材を使った美少女グッズとか。

オタクで町おこしといえば「らきすた」なんだろうけど、その例は踏まえて、新しく仕掛けることになるだろうな。
なにしろ「逃げちゃだめだ」が共通語になっているほど、現実を土台にした世界だからして。

こんなにうまくいくはずがないという思いは、2巻以降で受け止めてもらえそうだ。
主人公も逃げてばかりでは収まらない。

描くべきキャラに代理店やネット系企業、マスコミなんかも加わりそうだが、ウンチク的な描写が濃い目になるだろうなぁ。
そこに期待。

限界集落温泉 1巻 (BEAM COMIX)限界集落温泉 1巻 (BEAM COMIX)
(2010/02/25)
鈴木みそ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

利回りってなに?「流出者」(鈴木みそ)
2008/03/03 [Mon]09:06
昔はファミ通の「おとなのしくみ」でおなじみ、今はビームで「銭」も描いてるけどそれも取材ありきだったりする、レポート力に定評のある作家の作品集。
漫画誌じゃないところでいろいろやってるんだな。

この手の金字塔には週アスの「カオスだもんね」があるんだけど、あちらは週刊で続くレポートマラソン、こっちは場所がどこでもキッチリ笑いを取りますという、営業漫画、か。
媒体や時代や、本人のキャリアが変化しても描き方はおんなじ。

ADSLが、金持ち父さんが、プロ野球1リーグ制がという話題はどうしたって古いんだけど、テンポよく読めて飽きない。作者が(ベテラン作家なのに)いい具合の小市民視点のまま語ってくれる。
古いっても収録されてるのは2000年からのものだからな。この手の仕事が単行本になること自体、珍しい。

新製品の発表会で登壇者を揶揄するとか、「取材させていただく」立場ではないインディペンデントな振る舞いが素敵だ。お土産をもらえてウマウマなんて顛末は。たいていの情報誌に書いてない事実。
お得なポジションをフル活用。編集部側もわかってて放置しているんだろう。


正直「銭」1巻でなんかベタな人情ものなんかなーと思ったまま先を読んでなかったんだけど、情報漫画として見るとどうなのか。
でも「銭」の核が取材したうえでのリアリティにあるとすると、ここのルポ漫画と同様に古さで質が変化してしまう(面白さが落ちるのとは別次元で)。
となると漫画的な面白さ、仕掛けがいちばん前に出てなきゃいけないわけだ。

前後に視点を動かす(拡大縮小が多用される)絵もわかりやすく読みやすいし、読ませるテンポもいいんだけど、それが普通(ってなんだ)の漫画で出てくるとちょっと揺さぶられすぎ、誘導され感が強いのかもとか、それって慣れや好みですかとか、ともかく「銭」の続きというか今の連載分を読んでみようかなと思ったのだった。

流出者 -ナガレモノ- (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)流出者 -ナガレモノ- (BEAM COMIX) (BEAM COMIX)
(2008/02/25)
鈴木 みそ

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。