01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ティイイイイイアイッッッ!!!「グラップラー刃牙 外伝」(板垣恵介)
2008/02/12 [Tue]09:34
古書店でバキ外伝を発見。99年連載のもので、「グラップラー刃牙」と「バキ」の間、ジャイアント馬場の死後に描かれたもの。
花山薫の「疵面(スカーフェイス)」もあるし、外伝の多い漫画だ。役者揃いなのな。

現実ではありえなくなった、馬場VS猪木を漫画でやってみせたという夢のマッチング。
伝聞や周囲の反応からスゴさを語る手法、展開はここでも、「ピクル」でも変わってない。
清掃のバイトくんから格闘技雑誌、テレビ、そして日本中が動く。外科医も手術を投げだすほどの、愛する者の死に匹敵する緊急事態が伝染していく。
1/4くらいまではその描写、試合が動き出すまでで1/2を使う。
予備知識がなくても、プロレス業界全体が誌面から浮かんでくる濃厚さだ。

試合の運びも徹底的に“らしさ”を踏まえたもので、おそらく居酒屋でプロレスファンたちが「対決が実現したら……」の語りを繰り返し、繰り返し、夢想してきた末の、ひとつの結論なんだろう。
ただの有名レスラーでなく、スターとして、興行主として業界にかかわってきた思い、屈折した感情もぶつけあって“らしく”語る。
技は受けなくちゃいけないとか、プロレスが八百長だのなんだのを超えた“らしさ”が美しい。

これを理解するにはプロレスの知識がないといけないはずだが、自分もちゃんと乗せられて読めた。プロレスファンならもっと楽しいのかな。そこは残念だがもはやしょうがない。
でも「そこは違う!」「ありえない!」とかの拒絶反応もあるんだろうか。下手に知ってると。
「違うと思うが、板垣が描くならOK」という読み方もありそうだ。


オチは……まぁ、追悼漫画でもあるからして。
16文キックと同じ、「なんと雄大で…なんと力強く」「なんと斗羽的」な驚きがある結末なのではないか。


→青春の外伝の読みログ
快感を与える!!!「バキ特別編SAGA」

→最近の外伝の読みログ
彼の時代ですッッ!「範馬刃牙10.5外伝 ピクル」

グラップラー刃牙 (外伝)グラップラー刃牙 (外伝)
(1999/11)
板垣 恵介

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

彼の時代ですッッ!「範馬刃牙10.5外伝 ピクル」(板垣恵介)
2008/01/30 [Wed]02:22
「SAGA」に続いて「バキ」の外伝を読んでみる。
読むだけなら8巻くらいまでは読んだことがあるが、こんなキャラが出てきてたのか。
いったい9-10巻でなにが起こったんだ。って、いつものように「超人がおりまして」だと思うけど。

いろいろなタイプの超人を生み出してきた漫画だが、ついに時を越えてジュラ紀から。
つい恐竜ウンチクで「ティラノサウルスレックスは白亜紀じゃないか」と思ったが、人類がTレックスを食ってたとか言い出す漫画でそんなツッコミしてもなぁ。
塩漬けの細菌が復活したくだりが発想のヒントかな。
いやだから理屈は、それこそステーキに胡椒を振る程度でいいのだって。ディスカバリーチャンネルでもびっくり人間が出てくるじゃないか。知ってる範囲、わかってることだけで世の中を歩いてはいかんよ。

ましてや漫画だし。

なので、弾丸よりも素早く動き、9mm弾頭3発を素肌で受けとめ、素手で壁をぶち抜いて車を投げ飛ばしても(これくらいはいつもの「バキ」か)、納得。
きっと、戦車で砲撃されても瞬時にかわして砲塔をへしおって、装甲こじあけて中の兵士をぶっ殺すね。

しかし、見事なプロローグ、キャラ紹介。11巻を読まないと実にスッキリしないじゃないか。だって、ピクルの本気を見てないんだもの。
前後の巻を読んでなくてなんだが、ピクルにはちょいと知性がありそうな。むやみに殺し、破壊するマシーンじゃないよね。
いいキャラだ。


→外伝だけ持ってるんだよなぁ
快感を与える!!!「バキ特別編SAGA」

範馬刃牙10.5外伝ピクル (少年チャンピオン・コミックス)範馬刃牙10.5外伝ピクル (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/01/08)
板垣 恵介

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

快感を与える!!!「バキ特別編SAGA」
2007/04/10 [Tue]06:04
筋肉と理屈と猟奇性でおなじみの「バキ」シリーズからの抜き出し特別編。「バキ」15巻あたり。「ドカベンvs野球狂」みたいな感じで、ここだけ読んでも面白いというもの。乱読漫画スキーには絶好なんですよこういうの。

予備知識を消して読むと、初の性体験に向けてその気になった男女がもう全身ビンビンに感じながらまぐわう、それだけ。いじり始めてから「・・・が始まったらどうなってしまうんだ?!!」っていったん離れるほどに警戒しつつも、出し入れが始まったら幾度も幾度も。ティッシュだけはあったんかいという小屋で。

生物的な性体験で、まったくエロさがない。交尾を見ているようだ……なんて思いつつも、その動物の言語を解してしまうために自分もいつの間にか同調していて、ムズムズして自らの動物を知る。どうしたことか。これがバキの文法か。

描写の白眉はいっぱい出した後の神々しい笑顔(男女とも)。欲を解消するとみんなああいう仏の顔になれるんだよな。うむ。
面白い。

自分はチャンピオン文化に踏み込まずに来てしまったが、惜しいことをした。チャンピオンを読んでたら、ドカベンも刃牙も浦安もリアルタイムで体験できたのに。

バキ特別編SAGA バキ特別編SAGA
板垣 恵介 (2002/11)
秋田書店
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。