10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あっちの世界はあったけえ昼メシ「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)18
2010/07/06 [Tue]10:16
帯に「ウシジマくんフィギュアゴールドバージョン」のプレゼント案内があるが、ノーマルだろうとゴールドだろうと縁起悪くて持ちたくないだろ。
残念賞でカウカウファイナンスのポケットティッシュとかあるのかな。(ないです)


前半はリストラや主婦売春、ホームレス化、劣悪住み込み労働、自分を安売りしねぇなどお決まりのダメ人間が語る展開なのだけど、
中学時代の回想をはさんで、宿敵というか因縁がある敵キャラが出て来た。
あれっと思って目次を見たらサブタイトルが「ヤミ金くん」。ひょっとして最終章かな。

回想シーンは過激なヤンキー漫画で、滑川、愛沢もワンカットで登場。鰐戸の引き立て役っぽいけど。
ウシジマのファーストネームが明らかになり、生い立ちもちょっと見える。
父思いの男気も見せる。覚悟、諦めのある子どもだ。

普通に暮らしていると到底理解できない世界で、もはやバイオレンスファンタジー。
でも柄崎が死ぬ気で「体を清める」中で、母ちゃんが「また食べに来てね」って呑気さが妙にリアル。
さらに強引に現在の劣悪住み込み労働とくっつけてヒシヒシさせる上手い。
強引だけど不思議な臨場感。読んでいて身体が痛い痛い。

まるで関わりたくない、漫画から出て来てほしくない世界だ。
なんか、最終章であってほしい気がして来た。もう、閉じようよこの世界を。


闇金ウシジマくん 18 ヤミ金くん (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 18 ヤミ金くん (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

その先の楽園へ「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)17
2010/02/06 [Sat]09:56
読者モデルをやっていたはずなのに借金まみれで覚醒剤のプッシャーになり、あげく騙されて文字通り風呂に沈められている。
あきれるほかないのだが、どうしてか目が離せない「楽園くん」の完結編。

おかしいなーヤバイなーと思いつつプッシャーの才能があるとかお前の持ってくるクスリは質がいいとか褒められると浮かれて続けてしまう。
リスクの背負い方も下手で、すぐに悪い噂が広まる。
なんで自分の彼女(っぽい存在)を売るかね。遊び方も下手だ。うまくても周囲が迷惑するんだが。

欲望が勝手に暴走してカネに困るのは自分のせい。でも、欲望の元になる流行や、承認欲求なんかをうまいこと突っついてくるのは大人たち。
手際のいいハブリーナやウシジマに対して、どこだかわからん地平をボンヤリ目指してる子どもたちが不利なのは当たり前。
救済も結局、母親が関わっている。
16巻では楽園クンの中田はとことんバカに見えたけど、こうなるともう大人の責任かもな……と思う部分もある。
10代の子どもがいて原宿あたりをウロウロしてたら不安でたまらん漫画だろうな。


しかし、展開がヒドすぎてギャグになってしまう部分も救いではある。
パピコの豹変ぶりとか。あそこまで変わった彼女に遠目でよく気づいたよな。
そして最後まで楽園ぶりを守ったG10(ゴト)くんは、言動が一致している人物ではあった。意味はわかんないけど(笑)。
リスクをとって、若いうちに楽しく生きる。ダメだったらどうでもいいじゃない、みたいな。
あくせく働くことと、生きるために抵抗するのは、同じくカッコわるいこととして禁則だったのかもな、ゴトくんにとって。
(そのわりには詐欺には一生懸命だったようだが…。やっぱアホかな)
最後は特定ができないように歯も指もヤラれたんだろうなぁ。

思えば、結末については作品中で前後している。中田もキミノリも墜落したという話の後に、ページをめくれば笑顔んの2人だ。
時系列で「この笑顔の後に…」ということだとすると、漫画の中の時間を笑顔で止めたのは作者の優しさかなぁ。
それとも、絶望一歩手前でキープする、サド的な措置か?

闇金ウシジマくん 17 (ビッグコミックス) (ビッグ コミックス)闇金ウシジマくん 17 (ビッグコミックス) (ビッグ コミックス)
(2010/01/29)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

つーか拒絶されてる「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)16
2009/10/08 [Thu]09:35
今回は「楽園くん」で、原宿界隈を舞台にしたファッションに踊る青年の話。
17巻にも続く。

主人公は読者モデルとして評価されたい人。
マジメで、友達と普通に友情できてるんだが、そこには満足できない。
普通に頑張っても、真面目でも、いいことなんてないって知ってるというか思ってるから。
だから人生を近道したい。
ウシジマの主人公で「わかってるからなにもしたくない」のは典型だ。


読者モデルとして有名になって、あるんだかわからんステージを上がろうとしている。
本格モデルになるには体格の前提条件があるから困難とはいえ、服飾の勉強も中退するし、ショップの店員になるような関連の方向にもカロリーを使わない。

消費して「いいねー」「どうよ?」ってやってるだけでなんかしらのステージを上がれるなんて、おこがましい話だよ。
(自分もこうして漫画読みの感想をメモってるわけだけど、そのレベルなんだよね)

だから読者モデルの頂点、「オサレ皇帝(エンペラー)」ってのもまた笑えるポジションだ。
まるで実体がない。誰だお前たちは。ただの消費者じゃないのか。

そもそも服が好きっていうなら、撮影の現場でも服の話を楽しくできるだろう。
でも、できてないよね。
結局、服すらもステージを上げるための道具として見ているから、楽しめないんだよ。

彼らは服を愛して楽しんでいるようで、いちばんバカにしてるんだ。
実は服じゃなくたっていいんだろう。
だから、ヤクザの手足にもなれる。


街や人に拒絶されてる感じがするんだって。
その感覚はわかる。
でも、そこでニヤケ面して、ウザいキャラに甘んじながらストレス高めつつ仲間に入ってどうするの。
孤独でもいいじゃん。キミノリだけでいいでしょ。キミノリすらいない、見つけられてない、見逃してる人だっているだろう。

現実を認めてから始まる人生もあるんだぜ。

闇金ウシジマくん 16 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 16 (ビッグコミックス)
(2009/09/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

幸せになる薬か?「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)15
2009/07/03 [Fri]09:22
一巻一エピソードになって、途中参加でも読みやすい。
表紙のメガネが闇金業者のウシジマで、客相手には田島と名乗っている。これだけ覚えておけばいいってか、それ知らなくてもわかるよな。

15巻はテレクラくん。主婦売春の話。
パチンコと売春で寂しさと貧しさをしのいでいる。その日常が闇だ。
どうしてパチンコに生活が破綻するまで通うのか、売春で安売りが止まらないのか。
経済的な合理性はないんだけど、ちょっと理想的に転がるように補正してしまうのが人間だ。
んで、その下方修正に慣れていく。下方修正した時点で、青写真のとおりにはならないのに。

バカだなぁ。
って、この感想は13巻の「出会いカフェくん」(読みログ)で覚えたものといっしょだな。
少女売春なら可憐な(爆笑)ケータイ小説風にもなろうが、主婦売春が主軸なので絵的にも精神的にもなお汚いこと。

若さ、時間の余裕があるうちに、闇から足を洗った方がいい。
ほんと、これ読んでるとホリエモンのベーシックインカムで世の中が良くなるとか、信じられない。毎月5万円バカに与えても、バカの間で回って闇に吸い込まれるだけだ。


いつもながら、最後にカッコつけそうになるウシジマがなんだか憎めない。
ここで、バカに天誅いれてやってんだ的なことを言わない、悪どさを自覚してるところが、強さだな。

バカと悪の戦いはまだまだ続く。一生か。一生なのか。

闇金ウシジマくん 15 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 15 (ビッグコミックス)
(2009/06/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

闇金ウシジマくん 13 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 13 (ビッグコミックス)
(2008/11/28)
真鍋 昌平

商品詳細を見る



テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

人と人との約束はどうなる?「闇金ウシジマくん 」(真鍋昌平)14
2009/04/06 [Mon]09:41
銀座のタクシー群は写真からの描き起こしだよな。生々しい。

一巻丸ごと「スーパータクシーくん」だが、結末は先送り。
闇金業社に人の道を説かれてしまうとはな。

「100万ボルツかっこいい!」に笑って、バカだけどまともな人かと思ってたら、それなりに金や女にルーズな人でゲンナリ。
でも、人間なんてそれくらいダレてるものかもな、と思ってしまうのはウシジマを14巻までも読んでしまったからだ。
娘にはカッコつけられるのか。つけてほしいような、転落も見たいような。
でも、12巻(読みログ)のラストに出てきたタクシードライバーも人間性を回復してたのよな。

タクシー運転手がワケありげな人の集まりだというのは、納得できるような気がして、やはり同様にワケありな人があつまる職種はあるだろうし、資格を取って体ひとつで稼ごうって前向きさは、まっとうなのではないか。
水揚げ商売で、孤独で自立的だから、自分さえ強くあればなんとか。

木村さんのように実直な人もいる。なんだかだ生活していくぶんには大丈夫のはずだ。
「それでイイ訳?」とか言われるのさえよければ。
なんて、アドバイス的な見方で読んでもしょうがないのだけど、実直であること、分をわきまえること、悲しいけど他人に優しくしないこと。
これはウシジマ世界でのルールだ。ウシジマ世界に入らないためのというべきか。

それができたら苦労はないよな。
てか、罠を仕掛けてるのはウシジマだ。ティッシュ配るな。

闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 14 (ビッグコミックス)
(2009/03/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

さびしくてさびしくてたまらない「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)13
2008/12/04 [Thu]09:01
一冊まるごと「出会いカフェくん」。かわいい18歳の女の子が主人公で、あーこれは落ちるところまでいくかなと思ってたら。こんなまともな展開になるとは。

意外だ。
暴力じゃない、リッチな方向で特殊な人たちが出てきて、カネや法律じゃないゲームが始まったのも意外だ。12巻の「タクシードライバーくん」も人間味がやや回復してたけど、どこかで切り替えたのかしら。

格差とか構造がとかいう上からでなく結果を見せてるから絶望する。もう落ちてしまった、バカのまま学校を出て、社会に放たれたしまった人たち。簡単にいうとバカがいっぱいで怖い。
ちょっとした優しさなんかで生きてくのには役に立たないのなぁ。誰かが教えてやんないと優しさが役立つ職業すら見つからないよ。

ヒマつぶしもカラオケばっか。JPなんてこれからヒドイことしようと思ってるのに、時間を持て余すとカラオケしか浮かばない。この思考はなんなの。理解できない。

Kにしてもだ。1000万円の賭けに買って、いきなりブランドで身を固めちゃうのはどうか。カネを使うセンスもないのか。1000万円は欲しいけど、もらっても生活を一変させるには少なくないか。人生長いと思いたくないのか。
だからこそそんなゲームに興じてしまったんだろうけどさ。

バカだから逃げることも変えることもしない。考えない。

親がバカで、というね、もう格差の遺産なんてのは言葉では知ってたけど、漫画で見るとキツいな。
という、上から目線を与えてくれる漫画だ。下を見て安心する自分もホント、どうかと思う。
今のバカな子たちはスピリッツも読まないんだろうかね。

闇金ウシジマくん 13 (13) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 13 (13) (ビッグコミックス)
(2008/11/28)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

後味の悪さを金に換えたんだ「闇金ウシジマくん」(真鍋昇平)12
2008/08/05 [Tue]09:42
ドッキドキのサラリーマンくん編完結。それこそ「営業マンでよかったな」というハメられかたもあったんだけど、小堀の生活はサラリーマンとしてのセーフティネットが救った。
休職できて家族がいてってのはいいな。

日頃から一生懸命仕事してたらかなんだけど、まともな人がわりあい報われるのも珍しい。本人は「一生懸命が報われない社会でも」と言ってるが。

セーフティネットがあるから、心を壊す寸前で一生懸命働いていられる。そういう社会でいいのだ、というのはそもそもワーカホリック前提なのかもしれない。
手を抜いても許される、壊れる前に助けてくれる、自分で主張すれば休める。
どのくらいの社会がいいんだろう。最後のは社会と個人が対等でよさそうなんだけど、その運動のコストは誰かが負わなくちゃいけない。それこそ休日に看護婦が街頭デモしなくちゃいけない。
壊れても助けてくれるくらいの社会で、思考を止め気味のまま「はい!」とこわばった笑顔でいるのが実は楽なんだろうか。ホント?

後味の悪さを金に換えてるのはサラリーマンもいっしょ。
いろんなものが金に変わると、いったんニュートラルになる。カネはカネでしかない。キレイも汚いもない。
労働の成果やストレスをなにかモノで報われたら、えらくグッタリした社会になるよな。カネだからいいんだ。そしてきっと、振込だからよりいっそう、後味の悪さは薄くなるんだ。
それでいいんだよな。


あ、最後のタクシードライバーくんは、人間性をギリギリで捨てなかった例。12巻は優しいな。

闇金ウシジマくん 12 (12) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 12 (12) (ビッグコミックス)
(2008/07/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

弱音は死んでから吐けばいい「闇金ウシジマくん」(真鍋 昌平)11
2008/05/09 [Fri]12:44
ギャグになる、笑って「アホだねーこわいねー」と突き放せるキャラが出てこなくなったな。変人ばかりのウシジマ一家の描写もなし。淡々とサラリーマン編の続き。

板橋が暗黒面にまっさかさま。犯罪にもためらいない。次の利息返済、週末の遊び、今の性欲しか見えてないのな。アホとしかいいようがない。
一応、板橋がダメになったきっかけは本人の口から語られはするが、同情できるようなもんじゃなかった。株もミスも自分の責任。自己責任ってのはあまり使いたくない攻撃だけど、板橋はなぁ。すでに「人間らしさ」を失った状態しか見てないから同情できないだけかもしれないが。

小堀も小堀で、会社の朝礼で政治批判をしちゃうくらいだし、家庭不和を「おれはがんばってる」という自己満足で乗り切ろうとしている印象もある。その意気やよし、なのだが、解決しなければどうにもこうにも。これまでの流れからして、小堀家もアウト確定路線だしな。
小堀は板橋との対比でマトモな人に見えそうで、見えない。板橋に後ろ手で9万円とか、後輩女子にそそのかされて飲み代オゴリとか、ゆるいところもある。欠点が見えてない意味では板橋よりも痛いキャラ。


サラリーマンは金を借りやすい。家を持ってる家庭は不動産まるごとむしられたし、サラリーマンは社会的信用でむしられる。ウシジマの腕前は見事だ。
華麗すぎてギャグがなかったので、次はちょっとでも笑いを……。不潔、邪悪、馬鹿、愚痴がいっぱいつまった巻は、重たい。もたれるよ、この漫画。

闇金ウシジマくん 11 (11) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 11 (11) (ビッグコミックス)
(2008/04/26)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

家まで奪ったのにな「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)9-10
2008/02/07 [Thu]11:25
9巻で「フリーターくん」編、大団円。

ゲストハウスやホームレス生活の恐ろしさよ。服装や言動や小道具が実にリアル。絵でリアルなのは描きこんだり資料に基づいたりなんだけど、さまよう街の寂しさは写実を超えた現実感があるよな。普通に目にすることもある風景をあそこまでさびしく描かれちゃうと、困る。自分のいる世界とつながって見えてしまう。あくまでも漫画にさせておいてほしいよ。

でだ。「フリーターくん」編の完結で妙に救われた気分になってしまったが、おかしいだろ。
勝手にハメられてなんとかなって「よかったね」ってのは。

ウツイ個人でいえば、自業自得からの自主的再生で苦労や努力も経ているため、カタルシスのある「いい話」だ。
でも母親がウシジマにハメられてた(最後まで田嶋さんだしな)のは事実だよなぁ。それも自己責任とか、父親の早期退職(リストラ?)が家庭崩壊を招いたとか、ウツイ家側に責をもっていく気にはならない。

ウシジマはウツイに優しいってのは、遠回しのギャグだ。
最後に「男同士の約束だ!」として「毎月5万円一年間」が「優しい」ことになるとは。
借りたのは50万円で返済総額が60万円。(それ以前に返済してたみたいだが…)
年利20%。法定金利を守るだけで「優しい」と言われてしまうウシジマよ……。


10巻からは「サラリーマンくん」編。
正社員の職があり(ボーナス80万円)、妻と2人の子供がいて借金はない。仕事に悩みはあるけど根本的に無能ではない。
そんなまともな人が主人公というかターゲット。幸せは崩壊、喪失のために描かれるものだ。板橋氏から延焼するんだろうな。

マサルがどんどん闇金業者的にスキルアップしている。あの少年が立派になりましたなぁ。


→5-8巻の読みログ。「フリーターくん」編は7巻から
株で絶対、儲かる方法って「闇金ウシジマくん」5-8

→1-4巻の読みログ。序盤はまだヤンキー漫画臭い部分もあったよな
家がビンボーで金がねェ!「闇金ウシジマくん」1-4


闇金ウシジマくん 9 (9) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 9 (9) (ビッグコミックス)
(2007/08/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る


闇金ウシジマくん 10 (10) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 10 (10) (ビッグコミックス)
(2008/01/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

株で絶対、儲かる方法って「闇金ウシジマくん」(真鍋昌平)5-8
2008/01/29 [Tue]09:29
闇金の実態なんて知らないけれど、これは現代の漫画だなぁ。
5巻は「ギャル汚」編の悲しい結末から、やるせない中に女の強さも薫る「フーゾク」編、そしてウシジマの本気が読める「フリーター」編へと。

「ギャル汚」のジュンはもう、始まったときから手詰まり感があったような。金策して大規模イベント打っても、楽しむだけ楽しまれて、利用されるだけでオシマイという。ひたすら悲しい。
しかし、あんだけおどろおどろしく出てきた肉蝮のあっけなさはなんだ。笑っていいのかソコは。
「顔は憶えた」つってたけど、「フーゾク」「フリーター」と続く線じゃ、肉体の暴力なんてかなり下位のパワーだしなぁ。


「フーゾク」は、いちばんまともな瑞樹をさしおいて、なんも考えてなかったモコが「元気ですよ!」だもんなぁ。男で運命が変わるということか。杏奈にその幸運を分けてあげて!
女性は強い。闇金の世界では利用価値があるから生かしておいてもらえる、だけなのかもしれないけど。


で、「フリーター」だ。チーム・ウシジマ総出で一般家庭をつぶしにかかる。つぶれかかってる家庭をキレイに掃除するというか。
自業自得の債務者からいかに取り立てるか、ではなく、余計な借金を背負わせて「合法的に全財産を」獲りにきた。ウシジマが本気で仕事をしている。
久々のビッグビジネスなのかな。パチンコ中毒相手に日銭(利息)を稼いでるだけじゃないんだな、ウシジマ。

「絶対儲かる」なんて話がいちばん怖いじゃないか。でも目の前に支払いが迫れば、賭けに勝つ気になってしまうのだよな。
もちろん自分はだまされないぞ、と思いながら読んでいる。

鬱ブログのテキストは妙なリズムがあって、つい共感しそうになるが。
借金を元手にパチンコで勝って、出会い系で女を買うのか。おめでたい。すべてが「無人」じゃないか。母親が外に向かえばウシジマチームに囲まれ、息子は誰とも向き合わずに自滅していく。どうしたらいいの。バカだから悪いの?


「ウシジマくん」はホラー漫画なんだよな。どこに行っても災厄が待っている。そして端緒は自分にあって、人間は悲しいねという。ホラーの定番コース。読者はそれを期待している。
恐怖を克服する最短コースは理解しかない。だからこそ、先が読みたくなる。恐怖の対象を知ってしまえば、回避も防御もできようってものだ、と読者は思うのだ。
オチまで読めば「自分には関係なく終了してくれた」とおちつくもの。

恐怖を楽しみつつ、はやく終わってくれないかなと思う自分がいる。
こんな漫画が面白く読めちゃう世の中って、ねぇ。


→1-4巻の読みログ
家がビンボーで金がねェ!「闇金ウシジマくん」1-4


闇金ウシジマくん 5 (5) (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 5 (5) (ビッグコミックス)
(2006/08/30)
真鍋 昌平

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。