09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
その一票を投じてくれ「鈴木先生」(武富健治)9
2010/03/30 [Tue]09:33
立会演説会から投票、開票へと生徒会選挙は進む。

作者が西に語らせているのは、投票行動そのものへの疑問。
なにしろ西は生徒会選挙のために出て来た人物だからな。
毎回、テーマごとに熱く語り訴える人物は、作者の代弁者なんだと思う。
(それに対して答えが確定できてるから描けるんだろうな)

だから、本心では、漫画や生徒会でない選挙にも一言あるだろう。
公正に見える手続きに沿えばいいということではなく、そこにある欠点、裏に隠される事象。
そこまで気を配っているシステムはもちろんあるのだが、
「とりあえずそうしておく」と「常に柔軟に変化させる」はまったく違う折衷案だからな。

で、実際の選挙結果を見れば、西に流された層もそこそこいそうに思える。
それでいいんだよな。
大事なのは変化し行動し訴えることで、選挙を「ダメなシステムだ」と断じているだけじゃいけないわけだし。


で、続くエピソードは文化祭。演劇部とクラス劇で早くももめていて、そこに足子まで出て来てしまう。
あれだけ理屈で語り、考え抜いて行動した選挙の話のあとに、理屈が通じない足子先生が出てくるとは。
油断できないぜ!

演劇そのものについても語られそうで、楽しみだ。

鈴木先生 9 (アクションコミックス)鈴木先生 9 (アクションコミックス)
(2010/02/27)
武富 健治

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

納得いく説明してくれ「鈴木先生」(武富健治)8
2009/10/09 [Fri]10:00
足子先生の退場に伴う全校集会と、その後の文化祭&生徒会選挙の話。

学校ってこんな行事だらけだったかと思い返すが、臨時の全校集会はともかく文化祭も選挙もあったよなぁ。
でも、あそこまで自主性や向上心、功名心を伴ってやってたか。
やっていない。鈴木先生の世界は、対話を解決術とするファンタジーだからな。
対話や調整を拒否したもの、対話より自分の常識やルール、気分や機嫌、利害関係を優先したものは退場させられる。

対話での解決は困難だが、自己管理と相手との向き合う姿勢が鍛えられるのも確かだ。
もはや、いい大人が笑って読める漫画じゃないねぇ。
こんだけ対話に全力をかけられるか、と問われているわけで。


対話にしても、敵味方に分かれてのバトルじゃない。
鈴木先生を避ける神田マリのそばには、鈴木支持者の平良がいる。
生徒会選挙と文化祭の準備が並行して、複数の対話・対立の線が絡まる。

で、恐ろしいのは、これだけよくしゃべり、感情があらわになる漫画なのに、
わかりやすく「動揺を誘う告白」を出したけど本心は……という手法が出るところ。
これは深すぎる。びっくりした。中学生の考え方ってなぁ。

初期のころの、微妙に主張できない子供の心をつかもうと苦労してたころなら、いろいろ深読みもするんだが、最近は顔や言葉に出る感情が多かったので、びっくりした。

扉の生徒会選挙ポスターにしても、神田マリのが確かにアレだなと思ってたら、しっかり回収するし、どんなわき役も小道具も、見逃せない。
すべてに意味があるのも、変わらず徹底されているのか。

配役と台本がかなり計算されている。それでいて、演出されている印象はない。
この細やかさ、神経質さが特異なところだね。

繰り返し思うが、教室の隅にいた生徒も見逃さない姿勢に好感。
そのへんの学園ものは、いいことやってても主人公や事件の関係者周辺しか出てこないものな。
(騒げば大事にされて理解されて、普通にしてても気にかけてもらえないって不公平感は「掃除当番
」時代から掲げているテーマだしね)


しかし生徒会やると、高校受験にはちょっと有利かもしれないが、そこまで血眼になるか……。
大学までエスカレーターのブランド校に入るためかしら。
泥臭いが努力は努力なんだよな。ライバル以外に迷惑かけてるわけでもなし。
(仕事はやるんだろう)
評価が難しい子たちだな。

鈴木先生 8 (アクションコミックス)鈴木先生 8 (アクションコミックス)
(2009/09/28)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

許されていることをしているだけ「鈴木先生」(武富健治)7
2009/05/06 [Wed]09:43
鈴木裁判(クラス討議)が絶妙に着地して、足子先生の話へ。
同業者が壊れる話って前もあったよな。そんなストレス過多の職場なのか。
もはや笑ってもいられない。でも帯にはカーベーの絶叫と般若顔の足子先生がいて、やっぱり抜き出しで見つけると笑ってしまう。

それにしても、公園の野外授業でもそうだったが、もはやゴーマニズム宣言もかくやのネーム量だ。話す、語る。そしてその状況を透かす。学生時代を思い出したり、会話のパスコースを見切ったりの瞬間はあれど、ひたすら会話だ。
6巻までの生徒像があっての話なので、読むのも手応えがある。

で、終わった後に「俺なんか・・・」と参加できなかったことを悔やむ生徒も出てきて、そこがこの漫画の面白いところ。
話の中心にいなかった子も出すんだよな。
にしても、カーベーは卒業まで、いや卒業後もお盛んな子がいたよねと語り継がれるのだろうな。てか、どうしたってヤリすぎだよ。中学生の文化圏からして、流行ったら止まらなそうなのもわかるけどさ。

それにしても、やっぱり鈴木先生に丸め込まれた感は残る。
そして、疑いを持つことを「許された」状態で時計は動き始める。
うまく着地したようでいて、「許された」だけの状態には自制で立ち向かわねばならない。そこに成長があるのだろうが、なかなかにきつい宿題を渡したもんだ。

で、「許されている」ことへの自制と限定解除が自分に依っちゃってるプレッシャーは大人も同じで、だから細かいルールや風潮なんかで考えずに従い、楽をする。
足子先生はそこで「手を抜いた」と言われたような、自分でも気付いたような影響でおかしくなったのだろうな。

生徒側でいくと、向上心と倫理観が強くて「認められない」とか言い出す神田マリも、流れに沿うことで「許された」状態の苦しみを忘れようとしていた節がある。
足子先生が好きなのは、その波長も合うからだろうか。

足子先生と神田マリの両方を救済しなくてはならず、一方で中村と入江の関係もいじられそう。
で、全体で文化祭も始まると。

忙しいよな。先生。笑える立場で読むことを「許されている」んだから、考えますよ、こちらも。

鈴木先生 7 (7) (アクションコミックス)鈴木先生 7 (7) (アクションコミックス)
(2009/04/28)
武富 健治

商品詳細を見る



テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

オレの罪がいかなるものか「鈴木先生」(武富健治)6
2008/12/02 [Tue]09:48
スズセンのでき婚についてクラス討議。半分を費やしてもまだ終わらない。
着地点が見えたと思ったらカーベーが爆弾を! 議長の竹地に火の粉が降りかかることは明らかで、場の主導権は速やかに鈴木先生に渡されるのだろうな。
そこで小川に対して鈴木先生が大人であり続けられなくなったら面白いな。

このクラス討議は他クラスの入江も含めて、生徒たちの性格や立ち位置や交友関係や経験してきたことを踏まえてのオールスター編だ。
キャラがわかってるから、狼狽した顔を笑ってられない。酢豚会議の真剣ぶりはギャグに思えたが、鈴木先生の世界で笑い飛ばすべき議題なんてないのだ。誰かが真剣に関わってることなんだから。
そこを自分の意見でスルーしちゃおうってのは大人の乱暴な措置、と。


解説の推薦文にもあるように、鈴木先生がパーフェクトではないが「納得させられる」存在で、なんだかだ主人公兼ジョーカー。とても便利な役所でちょっとずるい。
読者は大人だろうから、鈴木先生に自分を重ねて読んで「うんわかってるわかってる」となりそうなんだけど、いや実際は2-Aの生徒たちほどちゃんと考えて辿り着いてないよな。
・・・・これは自分宛の警告。

生徒たちは中学2年にして討論ができる。議長(マシンのように優秀な)がいればこそだけど、言葉の定義を確認しながら状況や問題を整理して、多面的に是非を問い合う。
一方的に問うのではなくて問い合う。本来なら鈴木先生に説明を求めればいいだけのことだが、そこで一般的な「でき婚って」から入らないと気づかないところで綻びが出るという、先回りできる思考の配慮。
なにこれ。こんなの中2じゃ無理。高校の文化祭のクラス討議(そういうのが義務だった)でもできてなかった。

まして、会社になるとここまで遠回りの討議は不要になる。省略して要点、用件だけを話すようになる。会社の利益のためと言う目的は一致した集団だからそうなる。
この討議は大人裸足のようでいて、中学生だからこそだな。

ああ、自分の「配慮や主張が面倒」なダメっぷりが痛い。認めてもらうための努力、説明責任が手間になったら、もう老化だ。
うっし、ちゃんと生きよう!(なにそれ)

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
(2008/11/28)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

手のかからない子供の心の摩耗の上に「鈴木先生」(武富健治)5
2008/07/17 [Thu]09:45
自作解題の「掃除当番」から小川家の家庭訪問、そして夏祭り、夏休みへ。

学園ドラマでも不良が目立つもんな、というのはある。悪いか面白くないと目立てないのが学校社会だ。
下がった(っていうと語弊もあるが)ところで普通のことをやると上がったように見えて、ドラマになりますな。
そこに自覚的な教師漫画ってだけでも画期的だ。

「掃除当番」は、回想モードだけあって、かなり整理されている。鈴木先生の思考ドライブを楽しむ漫画なので、これまでとはちょっと違う感じ。
語りが落ち着いてるから変顔も出てこなくて、笑いどころが…と思ったらシメに麻美さんが大逆襲。
これは……漫画、変わってないか? 大丈夫か?
小川の幼少時の写真や、宮司の家系(分家だけど)って話も出てきたし、まさか小川もなにやら特殊なってことにはならないよな。そうなったらいよいよ。思考ドライブの楽しみは増すけど。

で、夏祭りではこれまでの生徒がオールスター的に出てきて、後日譚的な面も。
人間らしく感情を引きずっていて、さわやかだ。
しかし、自分の中学生時代を振り返ると、なんだか早熟で獣のような街だな。鈴木先生タウン。そんなもん? 地方によりけり?

そうだ。
夏祭りでそれこそ「普通の子」が出てくるシーンもあって、ああ、よかったと思ったのだった。
でなきゃなんのための「掃除当番」だったのかと。

鈴木先生 5 (5) (アクションコミックス)鈴木先生 5 (5) (アクションコミックス)
(2008/07/11)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

シャンプーの…残り香とともに--!「鈴木先生」(武富健治)4
2008/01/18 [Fri]09:41
小川の大告白から、「鈴木先生の中の小川」「クラス内の小川」「鈴木先生と続木先生」「鈴木先生と麻美さん」といった諸問題が解決していく。表紙の顔もひきしまるってもんだ。
さすがカミサマ、のんのんさま。あの「好きだっていいじゃないかぁ~~!」はご利益のある天の声だった。

で、復活した鈴木先生は“らしさ”を取り戻し、カーベーと竹地の関係も返す刀でバッサリ。
でっかい爆弾の処理に成功したなぁ。上から目線だが断定口調でもなく、主張はしっかりしている。理想的な説教だ。
避妊はどっちころんでもエゴ! 経験率を上げろ!
相手に合わせて武器をつかいわけている。

しかし、割合にスッキリ感の強い巻ではあるものの、この全体的なコントっぽさはなんだ。
鈴木先生と竹地が「ヤったこと」で「みんなと会うのが恥ずかしい」とシンクロしたり(同レベルかよ!)、続木先生が「小川病」を露たりと、感情の裏側がひょいっと出てくる。
何歳でも基本の性格が違っても男は男で同質の感覚を持ちうるってことか。
桃井先生、佐野先生のサポートもありがたいし小川も中村も男好みにかわいい。結構、男性目線での満足感が高いな。

鈴木先生自身が状況や立場や自らの仕事ぶりに酔っているのは間違いないのだ。そこが笑いになってる絶妙な漫画なんだ。
階段で小川と「ふたりきり」を実感したあたりから、軽い酔いにあると読んでおきたい。

今巻はうまくいきすぎてるからなぁ……。
中村・入江・神田マリの問題も残ってるぜ、先生。「問題になる前に」解決……できたら世話ねぇか。


「掃除当番」編の始まり。過去の短編集にも「掃除当番」があるけど、関連してるんだろうか。
その読みログ

ここまでやって、まだ一学期! 一巻の「酢豚会議」のように、普通の先生がスルーしてしまう問題にがっぷり食いついてくれるからこその長さ、濃さ、鈴木先生らしさなのね。

→一巻の読みログ
酢豚会議の重要性「鈴木先生」1

→2~3巻の読みログ
小川爆発「鈴木先生」2~3


鈴木先生 4 (4) (アクションコミックス)鈴木先生 4 (4) (アクションコミックス)
(2008/01/12)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

面食い先生「屋根の上の魔女―武富健治作品集」
2007/08/13 [Mon]11:10
新刊で購入。いつかAmazonでと思ってたが、書店で手にしたら意外と軽量だったのでそのまま買ってしまった。紙質というか、物体としての本の手軽さについて考える。

「鈴木先生」で、自らの意図のとおりに世に出られた作者の短編集。版元はジャイブ。ジャイブ……。どんなツテだろう。
少女ものではない作品を集めたもので、全体的に重たく、視界が暗い。青年の視界は悩みでいっぱいだな。

表題作と「面食いショウの孤独」のは鈴木章主演作だそうな。あの鈴木先生と同じ人物……じゃないな、手塚や石ノ森でもあった“同じキャラ(顔)がいろんな作品に”だと思われる。いわゆるスターシステム(お気に入りキャラの使い回しかとも思うが)。

鈴木章の場合は、先生だったはずが若手作家、面食いのナンパ師だったと。前者は若い頃の鈴木先生かもと思えるし顔も近いのだが、後者については性格も顔も同じには見えない。役者として芸風とメイクの幅が広い。
ヒゲオヤジといえば、ランプといえば、ハインリヒと佐武の共通項は…などと整理するのは難しいように(そういう研究本、ないのかね)、鈴木章とは何かと考えるのは現時点では無理なようだ。
(考えすぎる性質のストイックな青年、ってことか?)

短編としては「M」「J」の、特異な世界を小出しにしつつも描かれているものは人間性だったと、作中世界に小旅行してちゃんと帰ってこれる体験が面白かった。短いのに受け取れるものが豊か。

「虫愛づる~」は、うーん、さすがに縦持ちであのページ数は読みにくい。横長の付録漫画とするのがベストだが、雑誌じゃあるまいしな。
読んでいて花輪和一かと思ったが、笑わせようとする笑いはなくて誠実な作り。作者も鈴木章なのか、というシメは読書感想文的にテキトウすぎるオチだけども。

屋根の上の魔女―武富健治作品集 (CR COMICS DX)屋根の上の魔女―武富健治作品集 (CR COMICS DX)
(2007/07/03)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

花もつぼみの十七歳「掃除当番」
2007/07/27 [Fri]10:15
「鈴木先生」前夜の短編集を古書店で。表紙の三つ編み・マフラー・モコモコ着込みの女子がかわいい。文系男子を狙い撃ちー。
「鈴木先生」で関先生が語った昔話のバタフライナイフ事件に相当するエピソードもある。小川、ちょっとパーマだったのか?

漫画用にデフォルメせずに、かわいくない女子、気持ち悪い男子や先生、やな感じの女子がきちっと描いてある。うわ、ここクローズアップしますか?という表情がきつい。普通の漫画の場合、嫌な顔にも意図や演出があるけど、ここでは失敗した写真のようによろしくない表情のまま描いてある。

その中でシャイ子だけ漫画っぽいのはなんでだろ。漫画っぽくかわいいのに、最後はヤスい現実に食われていくしな。漫画顔の敗北。ああ。

「まんぼう」は漫画的な“チャンチャン”オチでニヤケるのだが、「康子」のオチにも爆笑。たくましい。そうだよな、現実を生き続けるのに、漫画のような安易な落としどころに満足する必要なんてない!

いろいろと漫画脳を刺激されるなぁ。


あとがきがあり、作者自身による解説も収録。文庫本のようだ。漫画では珍しいが、これも文芸漫画の構成要素なのかも。
島本和彦とは違う意味で語る漫画家なんだな。

掃除当番―武富健治作品集掃除当番―武富健治作品集
(2007/03)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

小川爆発「鈴木先生」2~3
2007/07/20 [Fri]10:39
オムニバスにできる学校漫画で、ひたすらに人間関係が重なってしんどくなっていく「鈴木先生」の続きを読む。うは、こんなんなったかー。教室に平穏なんて一時もないぜ!

1巻ではキャラたちのオオマジメぶり、テンパリ具合に笑っていられたが、2~3巻を読んでいるとすっかり先生とシンクロ。うわオマエ何言い出すんだよ!頼むからみんなおとなしくしててくれ!と願いつつ読む。
それでも続木先生の「続いて来い!」「ズキーン!」には笑ったが。何時代の何キャラだよ!

2~3巻の主役というか主題は小川。実はモテる女子が、明確にモテてしまったらどうなるか。中学校だと圧倒的な美少女より笑顔がカワイかったり話しやすかったりする方がモテるんだっけか。もう記憶が。

これまでのエピソードからの変化を踏まえて進んでいくので、人間関係が多重多層。カバが輪から外れ気味になって情報から取り残される仕掛けなんて上手すぎる。一コマもムダにしないぜ!

この情熱的な長ゼリフの応酬って漫画ではないどこかで、と思って、演劇に思い当たる。それも小劇場。舞台と客の距離が近くないと伝わらない熱さの。
で、さらに鈴木学級における、誰が何を言い出すのかわからない地雷地帯を歩くような状況って、昔見たポツドールのセミドキュメントを思い出した。1巻を読んだ時点で舞台に取り込まれていたようだ。気づかなかったー。これも抑えるはずの理性が狂ってた、か!?(違う)

山崎先生の存在は大きかったのかもなぁ。小川トークができる相手がいない。自分も疲れたらシークァーサージュースやクエン酸キャンディを補充しよう。


裏ステージではカーベェの色気に磨きがかかって(これも丁寧に重ねてきたよな~)、竹地ともども夏休みの(?)爆弾は装填完了だー。二学期へ向けて一時の油断もさせないぜ!

……というわけでウチでは今、語尾に「ぜ!」をつけるのが流行っている。面白いぜ!

鈴木先生 2 (2) (アクションコミックス)鈴木先生 2 (2) (アクションコミックス)
(2007/02/28)
武富 健治

商品詳細を見る

鈴木先生 3 (3) (アクションコミックス) 鈴木先生 3 (3) (アクションコミックス)
武富 健治 (2007/07/03)
双葉社
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

酢豚会議の重要性「鈴木先生」1
2007/07/11 [Wed]08:08
今年の流行り漫画を読んでみる。とりあえず1巻だけ。現実に即していると思わせる熱血教師漫画か。キンパチ先生ともナッキーとも違う知的な熱さ。
確かにこれは面白いし新しい。漫画の新しさは絵の洗練やモチーフじゃないんだなー。


読んでると自分が本能的に中学生を侮っていることを知った。ゲリミソ発言なんて鉄拳&小言でいいじゃんか、と思ってしまうが、鈴木先生は対話と自己言及で鉄拳よりも断然高い解決をする。お見事。
それでいて「ふぅ~」「ゴクっ」「…小川!」あたりの焦りを読者には見せてくれる。先生、行動がスリリングです! 表情の変化に笑ってすいませんね。

鈴木先生のパーソナリティがマジメ・セイジツなだけでなく、現場全体も同じくマジメだ。先生方が雁首揃えて酢豚について語り合ってるのはギャグのようだけど、教育現場としては普通だし必要な時間なんだろう。
作中では話し合いやアンケートが上手く働いてるが、きっとグダグダで意味のない会議もあるんだろうなぁ。そんな理想的でたまるかよ現実が。

「ありそう」と「あってほしい」の教育活動に、元学生だった大人たちは救われたいんだ。これは良い漫画。
現役学生は読んでるんだろうか?

鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)
(2006/08/11)
武富 健治

商品詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。