05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
食べちゃいたいほどかわいい「わたしたちの好きなもの」(安永知澄)
2007/12/18 [Tue]08:39
河合克夫、上野謙顕太郎、しりあがり寿の原作を「やさしいからだ」「あのころ、白く溶けてく」の安永知澄が漫画にするコラボ作品。帯にあるとおり「おっさん達が若い娘をもてあそんでいる」。
オヤジが指定した御無体な展開を素直に漫画化する若手女性作家、というだけでくすぐられますな。そう思った人はオヤジ側の立ち位置。

79年生まれの女性漫画家だし、絵柄もやわらかくてかわいいし、なにしろ「やさしいからだ」までは繊細でリリカルな世界を丁寧に描いてきた安永知澄であるのだが、振られたお題の角度といったら。
お父さんの異様な食欲とか、国技館でのファーストインプレッションとか、さなぎがなにに羽化するかとか、そんなネタを淡々と描き切る。(ネタばれなしで書きづらいな)
こんな大がかりなジョークみたいなの私の作風と違います!みたいな抵抗感をみじんも抱かず、いい仕事をしている。

これまでの作品から普通に考えると「カノン」での、大人と子どもと、そして成長と……というスジが合う、と思ってしまうが、はたしてそうか、と考えてみる。
「やさしいからだ」でも突拍子のない設定や仕掛け(第一話の「笑いのデキモノ」からして)は出てくるし、痛みや怒り、くだらなさ、すれ違いという負の要素をざくっと出しちゃう人でもある。
ダメ男、ダメ女も出てくるしな。そこの、むやみに優しさでくるまないところが男性的、オヤジ的な人ではなかったか。年齢の割に夢がない視点を持っているというか。


オヤジの悪のりに対し、結構、楽しんでたのかもしれない。

→少女もおっさんも出てくる連作の読みログ
この体温を得るために「やさしいからだ」

→デビュー作を含む短編集の読みログ
好きでピントが合ったわけ「あのころ、白く溶けてく」

わたしたちの好きなもの (BEAM COMIX)わたしたちの好きなもの (BEAM COMIX)
(2007/09/25)
安永 知澄/河井 克夫/上野 顕太郎/しりあがり 寿

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この体温を得るために「やさしいからだ」(安永知澄)1-3
2007/12/14 [Fri]12:39
「あのころ、白く溶けく」を25円で購入してしまったので、書店で「やさしいからだ」を買ってくる。
一気読みしてはもったいないオムニバスなんだけど、前話で脇役だった人物が次のエピソードでは主人公になることもあり、巧みな切り替えに乗ってすいすい読んでしまう。そりゃ気になるよ。

視点を任される人物は女の子が多いけど、青年とかおっさんも混じる。なんでおっさんの言動まで「同じように」描けるのか不思議だ。ただおっさんを漫画で描くのはわかるけど、女性と同じような描き方をおっさんに用いている。
また視点を任されると、悩みや苦しみどころか怒りやねたみといったモヤっとする気分をザクザクーっと描かれてしまう。またその負の感情が思い切り強かったり外向けに激しかったりすれば「キャラ」とか「個性」になるんだけど、ウツウツと内に籠めるのだ、彼ら彼女らは。漫画的なキャラとして振る舞わせてもらえない(漫画的な設定なんかには載せられてしまうのに)。

2巻の巻末対談(相手は森薫)でもコメントしているが「キャラクターに愛情を持ってないのかもしれない」な、確かに。自分のキャラだから、主人公だからという贔屓はなし。極めて公平な先生のような人物評価を下している。「ココが悪いんです」と生みの親から指摘されてしまうキャラたち……。と考えるとかわいそうだな。自己言及でもあるのか。
容姿も才能も人並みの、客観的には「とるにたらない人生」がいくつもあって、でも、個々人はその中でひっかかりを持ちつつ生きていると。

だから読んでいて、結局なんだったのよ、と思うエピソードもある。四姉妹と母の話とか、髪とお母さんの匂いとか。他人の人生なんだからまるっと理解する事なんてできません、という線引きも感じる。自分の読みが浅いってのはおいといて。

彼ら彼女らの人生からなにを受け取ればいいんだろうか。他人の生き様をほじくり返すように見ておいて、何か受け取ろうってのが傲慢な気がしてきた。でも、(設定は特殊でも)誰かの「私って」語り、つい聴いちゃうしな。
そこを見透かされたか。

→デビュー作を含む短編集の読みログ
好きでピントが合ったわけ「あのころ、白く溶けく」

やさしいからだ (1) (ビームコミックス)やさしいからだ (1) (ビームコミックス)
(2004/05)
安永 知澄

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

好きでピントが合ったわけ「あのころ、白く溶けてく」(安永知澄)
2007/11/22 [Thu]04:31
古本屋にて、50円セールの棚で発見。しかもレジに持っていったら「2冊で50円ですけどもう1冊いかがですか?要らない?じゃあ25円でレジ打ちます」。25円。

正直、期待せずになんとなく手に取った。でもエンターブレインだからひょっとしてとも思っていた。そのギャップもあるんだけど、すごくよかった。
この良さに既視感があるのも確かで、若者は繊細だったり残酷だったり、裏表もあるよねってことなんだが、そこは読んだ際に「白く溶けて」いけたからOKだろう。
なんだろ、明白なオリジナリティはココですと示しにくいのだが、得られる視界やシンクロする感覚には初めて出会った、と肌に思う。目に見えない作家性。
子どもの「楽しかったね」「また会おうね」の醒め方、ピントが合ったから好きなのかも、白い本には私の世界。
どうやったらこんな感覚を発見できるのか。眼がいい、五感が優れている(上から目線ですいませんね)。
「くそがき」が好きだな。タイトル含め。

うん? 読む前の呉智英語りに影響されてるだけ? だとしたらビーム編集部にしてやられた。でもいい。

というわけで25円で入手してしまった穴埋めに、「やさしいからだ」とか「わたしたちの好きなもの」は新刊で探そう。

あのころ、白く溶けてく―安永知澄短編集あのころ、白く溶けてく―安永知澄短編集
(2004/12)
安永 知澄

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。