09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あるんですよご主人!!「和田ラヂヲの新世界」(和田ラヂヲ)
2007/12/12 [Wed]12:47
ヤンジャン、ビージャンから「大人世紀」(ジャニーズの本)、釣り雑誌の「Rod and Reel」。掲載誌がいろいろだし書き下ろしまでついてる新刊。相当な和田ラヂヲマニアでも、初めて読むネタがいっぱいと思われる。

32ページの描き下ろしは、いつもの短いネタがしりとり的につながっていく形の大長編(和田ラヂヲにしては)。オチまでが遠く、じらされる。和田ラヂヲできれいにオチるわけないのか。
「スタジオ代もバカにならねぇ」って言いたいだけの感じが。覚えたてかという。

「すまん!ドラクエのこと考えてた」とか「頭痛にハロウィン」とか、魚神サンとか、4コマのほうがスカッと笑えるが、全体で笑いの尺がいろいろ仕込まれてる。
真ん中にちょうどよくある「ザ・課長」は、それまで軽めに滑る笑いを読まされてきたところに、部長の有り体なギャグ、という仕掛けではないか。
……考えすぎか。
どこ開いてどれを読んでも良いのは確か。
キャラクターによる漫画も部長と魚神サンくらいだし、純粋にネタでわらかしてもらえる。

しかし、いちばん面白かったのが用語解説だったりして、マンガにするほどでもない一言ネタをぶち込んでいる。4畳半で男が一人「海の家は加山雄三の自邸……そうだったか!」なんてやればひとネタになりそうだけど、惜しみなく。

和田ラヂヲの新世界和田ラヂヲの新世界
(2007/12/12)
和田 ラヂヲ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。