09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あれがRJの弾き方だ「俺と悪魔のブルーズ」(平本アキラ)2-4
2008/06/27 [Fri]12:31
「やりコン」の一方でこんなのも描いてるんだよな、ということでまとめてログ。

一巻を読んでロバート・ジョンソンやブルーズに興味がないとしんどいかなーと思ったが、続刊を読んでみればスリリングな展開続きで、情報なしでも面白い。
ワル知恵のクライドと不幸なRJがいいコンビで、人種差別に禁酒法がある、狂気が常態化している世界を旅する漫画として読んでいる。
で、街のトップがド変態の悪魔的ジジイだったという悪夢。ホラー漫画じゃないか。ブルーズどこいったんだ。

スリルとバイオレンスの応酬をどぎつい絵で、たっぷりのコマとページを使って読めるのはいいな。どこを開いても濃くて黒い。コマの端(視界外)からひょっと恐怖が飛んでくるし、見えない見せない、説明しない、場所を飛ばす。じわじわとなぶられるようなゾクゾク。

お話としてやってることはわかりやすいけど、緩急と絵で濃く読ませるのは作家パワーのたまものだ。主人公コンビが強くないのがいいのだよな。スリルの純度と「もち」がいい。


ブルーズは3巻では特に忘れられたような扱いになったが、4巻のラストでまたぐいっとギターの力で引っぱる。かっこいい!
落とし所はRJの死しかないんだけど、思いっきりフィクションだからな。てかアイクはどこだよ。それに一度は故郷に戻らないとまずかろうしな。悪夢的な旅がどう終わるのか、楽しみ。

俺と悪魔のブルーズ 2 (2) (アフタヌーンKC)俺と悪魔のブルーズ 2 (2) (アフタヌーンKC)
(2005/08/23)
平本 アキラ

商品詳細を見る

俺と悪魔のブルーズ 3 (3) (アフタヌーンKC)俺と悪魔のブルーズ 3 (3) (アフタヌーンKC)
(2006/07/21)
平本 アキラ

商品詳細を見る

俺と悪魔のブルーズ 4 (4) (アフタヌーンKC)俺と悪魔のブルーズ 4 (4) (アフタヌーンKC)
(2007/09/21)
平本 アキラ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

いつもやりすの菊穴ぬぐい「やりすぎコンパニオンとアタシ物語」(平本アキラ)
2008/06/27 [Fri]11:28
帯にアゴなしゲンがいるなーと思ったら同じ作者。「俺と悪魔のブルーズ」と「アゴゲン」に、こんなエロっぽいのも描いてたのか。
と、どうにもログが残せてない最近のためにも読んでみる。時間がないというより、更新ペースに悩んでちゃダメだな。呼吸するようにログしないと。


絵が上手くなってるのを逆手に取って、一見普通にかわいい女子を使ってエロギャグ満載。女子キャラだけほかの人が描いてるんじゃなかろうかと思うほど。

かわいい女の子がエロギャグやるんだから、男読者としてイイゾモットヤレーと思いそうなんだけど、結果的にはちっともエロくない。プレイがハードコアすぎる。そういう意味のやりすぎだったのか。フリスクはそんなによかですか。

エロくなってもバイオレンスになっても、力強いアホギャグで締めてくれるのは読んでて気持ちいい。やばげなクスリも性奴隷なんてのも、全部アホと笑いがかっ飛ばす。

「アゴゲン」の休載時期に描いてたものだそうだが、キレイに一巻分の大笑いが詰まっている。
下ネタが本能的、生理的にダメってひとも、ひょっとして笑うんじゃないか。これなら。
これまで知ってるエロギャグがよわっちく見えますなぁ。

やりすぎコンパニオンとアタシ物語 (ヤングマガジンコミックス)やりすぎコンパニオンとアタシ物語 (ヤングマガジンコミックス)
(2008/04/04)
平本 アキラ

商品詳細を見る

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

いつから…おかしくなった…!?「俺と悪魔のブルーズ」(平本アキラ)1
2007/10/25 [Thu]11:49
ブルーズはよく知らないけどカッコよい表紙に、都市伝説にひかれて購入してみた。税別価格が666円ってのはしゃれてるな。

十字路で悪魔と取引すると願いが叶う。クロスロード伝説。
北米大陸をギター一本で渡り歩いたロバート・ジョンソンがこの漫画の主人公。驚異的なテクニックで行く先々の聴衆を魅了した。
だ、そうなのだが、1巻の段階では夢見るダメ青年の典型のような感じ。そもそも漫画は伝説をきっかけにしたフィクションだしな。
悪魔の説明も(詳細だったら引くけど)謎だらけだし、説明を省けるところは省いて、じっくり(自由に)描きまっせコースだろうか。
根底に流れる「ブルーズとは何か?」論や、ブルーズマンになることへの拘泥、白人社会と農場黒人コミュニティの世相なんかは予備知識があるとよさそうかな。あればあったで臨場感が違う。

しかしなにもなしに読んでも、というかこの漫画をブルーズ世界の雰囲気読みとしてもいい感じ。
古い洋画ような言い回し、キザったらしくて正直な行動様式、ざくっと割って黒が多いコマ。カッコいい。

これが「アゴなしゲン」の作者のものだとは思えないのだが、繰り返される「アンタは黙ってて!」のヒステリック、ルナティックなキレっぷりは笑えた。あとシリアスな事態への急転がいいよな。キレがある漫画だ。

ちょいちょい、続きを読もう。

俺と悪魔のブルーズ 1 (1) (アフタヌーンKC) 俺と悪魔のブルーズ 1 (1) (アフタヌーンKC)
平本 アキラ (2005/01)
講談社
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。