05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
おさらい付きでペースがつかめてきた「生徒諸君!教師編」9巻
2006/06/15 [Thu]02:09
相変わらずナッキーの顔アップ表紙で「買ったっけ?新刊?」な気分になる「生徒諸君!教師編」。9巻はやや憂いを帯びつつも希望を感じさせるナッキーが目印(わかりにくいってば)。

進級をきっかけに、第2部に入ったらしい雰囲気。新しいキャラで新しい問題が持ち込まれている。
で、目下クリア中で良しとされている課題は背景になったり、新課題の引き金にもなってたりして、話がふくらんできた。
前は「困った生徒だらけ」のエピソード群でつらい部分もあったが、今は読者として3-3(旧2-3)に愛着を持てている。おお、読み手も教師目線で成長してるのか?

目線が受験や将来に向かって、学園ものらしくなってきたのもある。個人の課題が社会性を帯びてきた。これはおっさんの視点での満足か…。

ナッキー生徒時代のあらすじがざっくりと語られていて、新読者へのフォローもバッチリ。良い感じの転換・盛り上げをしている巻。これからですなぁ。

生徒諸君! (教師編9) 生徒諸君! (教師編9)
庄司 陽子 (2006/06/13)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

長いようで短い「エマ」はまだ続く
2006/06/12 [Mon]02:06
週末に読んだ漫画「エマ」のメモ。一気読みしたかいのある、ゆったりとしてそうで実はスピーディな展開。

なぜだろうって、ヴィクトリアンな生活に描写が割かれているが、スジとしてはわりとストレート。1巻に結末が書いてあるようなものではないか。
でも読むのに時間をかけられる情報量が詰まっている。旅行したみたいな読後感。
服装、調度品、仕草、言葉遣い(これは雰囲気)。どれも、さらっと書いてあるようで全部意味があるんだろう。副読本も持ってるが、本編ではそこを過度に強調しないところが華麗だ。

この、自然に描き込んじゃうんです、そこが大事なんですって情熱を(欄外を読みながら強制的にではなく)自然に受け止めて読めるのが、作品全体の好感度を上げている。物語るトーンがエマのように知的で落ち着いていて、密かに情熱的だ。

あとがきで男か女かわからんと言われるようなことも書いてあったけど、すんごく女性的だと思う。漫画はね。


しかし読み手の自分が男の子だからか、もっと歴史・社会・経済に燃えたい気もした。
せっかくの産業革命。ジョーンズ家の生業はなにか、どうのしあがったのか、ハキムとの出会いにもなるインド時代の仕事は? その辺の社会ディテールが生活描写に比べて薄い。個人の周辺にカメラがとどまっている。それは最大の魅力なんだけど、スケールを小さくしてるような。恋愛モノだからいいのかな。池田理代子じゃないし。

エマがアメリカに渡って、ジョーンズが子爵にケンカを売ったあたりと、時代が貴族から産業へ移りつつある機運はシナリオ的にリンクできるような気もする。
それだけにラストはやや拍子抜け。もっと突き抜けるかと思った。そうじゃなくてあくまでも社交界ありき、か。
(英国社交界を追い出され気味になってアメリカで一旗あげるという、展開もありそうだった・・・って、知識がないから簡単に言えるってのはある)

ともあれ外伝で事実上、続いているようで、まだまだ上品なウンチクを楽しめそうでなにより。

エマ (7) エマ (7)
森 薫 (2006/05/25)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。