01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
「のだめ」の面白さに11巻でようやく到達
2007/02/26 [Mon]03:12
今さらながら「のだめカンタービレ」を読み進める。最初はいわゆる大学漫画かなーと思ってたが、RSオケ~卒業後の話でまだまだ盛り上がる。自分としてはここでようやく面白さに到達できた。

専門性の高い学校で生徒も先生も授業も特殊で珍しくて変態でギャハハってのは大学を舞台にした漫画ならよくある面白さだよなと思ってたが、才能を高く描写されてたキャラたちがガンガン挫折したり苦労したり練習したり。おおお世界の壁は厚いぜと見事に乗せられて読み読み。
大学漫画からクラシック漫画になってる。

こういう流れだとアルデバラン的な「この俺のリズムを狂わせるとは…」的なキャラが出てきそうだが、大丈夫か。現在11巻まで読んだところだけど、高みへの上り方が今後どうなりますか。

芸術とかやりたいこととかコンクールで上を狙うにはってのはハチクロでも出てきた問題だったけども、愛をもって渡欧までして次へ行くのだめと、愛を見つけて自分を見つめ直すところで終わったハチクロの視線の違いがな、またいいというか。そもそも比べるのがおかしいが。

裏軒が音楽関係ナシのギャグアイテムになってて飯でも音楽でもスポンサーになるのが面白い。一般企業のメセナよりも気持ちいいな。実際、クラシック音楽雑誌の表4(だよね)の広告額っていくらなんだろう。でも定食屋が出せそうな、そして1600人キャパの公演でモトを取れそうな額なんだろな。

ちょっと見直したところで、今は17巻まで。買い進めよう。


しかし100%楽しんでない感があるのは音楽の知識がないからだ。そこでひっかかって読んでなかったわけだし。
ここでCD買ったら思う壺だが、ジムのトレーニングにクラシックってのがいいかもという自己暗示に成功したら買うかもしれない。

のだめカンタービレ (11) のだめカンタービレ (11)
二ノ宮 知子 (2005/01/13)
講談社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

漫画芸では描かない失踪裏話「逃亡日記」
2007/02/24 [Sat]03:04
帯に「日記三部作完結!?」とある、吾妻ひでお「逃亡日記」を買う。日記じゃないけど面白かった。

漫画は前書きと後書きで、あとはインタビュー集。失踪してた現場でのロケもあり、意味なくメイドを連れている。でも写真がなかったら大変に地味な構成になってたよな。編集部の演出、構成、彩り、売らんかな精神を感じる。

インタビューでは、漫画だと芸として描かない、省いちゃう部分に言及していて、これまでの日記漫画やコメントなんかのスキマを埋めてリアルにする踏み込み。自分程度のファンには新鮮な内容だったが、マニアはどうなんだろ? でも確かに「失踪日記」、「うつうつひでお日記」、復刻してた文庫とか~~の流れで読んだからよかったかな。

吾妻氏は写真だと、手塚漫画のランプに似てるなと思った。顔が手塚チルドレンじゃん、先生。なんてね。

逃亡日記 逃亡日記
吾妻 ひでお (2007/01)
日本文芸社
この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。