07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
オモロイ方に足を踏み出すしかない「吉祥寺モホ面」(土田世紀)
2008/08/18 [Mon]11:03
いやまさか単行本化されるとは。エニックスの「コミックバウンド」に創刊号から休刊号(5号)まで掲載されてた幻の連載!

読んでみて超感動の名作というわけではないのだが、ラストの圧巻ぶりは読んでみないとわからない。その瞬間の面白さは断言できる。
そもそも主人公や状況の設定からして不定形で成り行き任せのようで、それが時代の閉塞感、絶望感、不安感だったとかいい出せばカッコいいけど、ただ打ち合わせも目標も課題も設定されてなかっただけのような。あればいい漫画ってわけでもないけどさ。描きっぱなし感を笑うには、掲載誌のスピード休刊自体を笑う勢いでなければ。

だって加筆として掲載されてる番外編が「ズドーンやりたかっただけです」って本人が言う脱力作品だもの。
つげ義春の「噂の武士」と「沼」をムリクリに足したパロディをだ、わざわざ書き足して単行本にする。連載から8年越しで力が抜けまくっていて、すがすがしい。描き始めたからにはという意識はあったと思うけど、顛末について言い訳も修正もしない作者のカッコよさよ・・・・。

これを読んでると「彼の生き方」だけ浮いてるのよな。世間的な印象では逆じゃなかろうか。熱く泣かせてくれる期待感、あると思うけど。

というわけで貴重な一冊。こういうマイナー作品ほど、ネットで読めるからOKってことにはならないと思う。タイトルやキーワードで検索して、たどりつけないものな。結局埋もれてしまう。


コミックバウンドは2000年ごろか。「風奔る」のスピードコミックやコミックアルファ(現在フラッパー)、キューティーコミックなんかも98-2000年ごろだったはず。漫画の景気が良かったというか、出版で漫画くらいしか景気が良くないと思われてた時代じゃなかろうか。漫画で当てれば楽になる的な。

吉祥寺モホ面 (GAコミックス 土田世紀単行本未収録作品集 1)吉祥寺モホ面 (GAコミックス 土田世紀単行本未収録作品集 1)
(2008/08/16)
土田 世紀

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。