07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
阿呆よナヒヒヒヒッ!!「へうげもの」(山田芳裕)7
2008/08/29 [Fri]09:02
戦国欲望漫画の新刊を読む。やー、織部の名も東北まで轟きましたか。笑える。
板や竹を背負ってるのも「数寄」だと思われるんだろうか。あの辺までいくとやったもん勝ちか?

天下統一を狙ってるのは秀吉と家康で、織部は数寄の頂点を、利休はわびの普及をと、それぞれ見ているものが違う。
会社組織で、社長と幹部と平社員で欲望が違うのといっしょかも。

武士はサラリーマンなんだよな。
実力や家柄的に社長にはなれそうにないから、個人的な欲望を出世欲のエンジンとする。
茶の湯は会席。上司の茶は断れない。戦は出張。そこでの業務内容は個人的にどうでもいい。で、同僚と温泉につかって上司の愚痴、と。
生意気な新顔が目立ってきたら、だまして恥をかかせてやろうってのは、なんと子どもじみたことよ。
まるでリーマンじゃねぇか。なにこれ。武士道どこ? そのままだとするとジャパニーズビジネスマンはやはりサムライなのかという逆の成立が。わはは。

しかし、退社しようにも変な名前と役職を与えられて飼い殺しって会社もたまったもんじゃないな。

利休も老いて、わびさびや数寄が背負っちゃう「わがまま」の業に織部は耐えられるのか。個人的な趣味のつもりでも、それが仕事になっちゃうと、どうなの?

へうげもの 7服 (7) (モーニングKC)へうげもの 7服 (7) (モーニングKC)
(2008/08/22)
山田 芳裕

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック


ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。