10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あまりにも断片だ「奪還」(漫画の方)
2004/12/07 [Tue]00:36
「奪還」1・2巻(アクションコミックス)をコンビニで買い、一気読み。リニューアル復活したアクションの目玉企画だったと思うが、連載はいつの間にか終了しており、漫画としてはこれで完結している。

連載で追うより一気に読みたいと思っていた作品なのだが、どうも連載で追ってた方が楽しいタイプになっていた。ややドラマとしてまとまりすぎている。

もちろんエピソードは断片だし、事件は解決していないからしっかりしたストーリーが出来上がっているわけではない。余計に波乱してたらおかしいしな。でも薄味。

読者はテレビで報道されたことはたいてい知っていると思われる。だから報道されなかった家族の会話や政府とのやり取りをもっと読みたかったし、もっといえばその掘り下げで人となりを感じたかった。

描写が浅くて、ところによっては「ドアップにして迫力を出したいコマなんだろうな」とは思えるが脈絡がないので「悪人として描きました」という意図を強めに受け取って戸惑うことも。むやみに攻撃的と思えてしまう。
悪人に描きたいならもっと描写や事実を積み上げないと。逆に幼馴染だってバァちゃんだって、効果的に出すんならいくらでもエピソードを追加できる。
なんというか、記憶だけを頼りにした絵本のようで読みがいがなかった。

ああでも、未解決だからこそ本や漫画の物体で残す意味があるんだよな。


奪還 1―北朝鮮拉致ドキュメンタリー (1) 奪還 1―北朝鮮拉致ドキュメンタリー (1)
蓮池 透 (2004/12/06)
双葉社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/10-ac9edd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。