04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
マンガで書いてある…「はたらくカッパ」
2007/06/19 [Tue]18:49
いみり再読その5。少年画報社の「アワーズ・ガール」に連載されていたもので、これまでの短編集にあった突拍子もなさをぐぐっと抑えようとしている力が読める。
アンヌがカッパのタコ漁潜水艦に就職してみると……という筋が最後まで守られている。すげぇ。よく一冊もったよな。

「アワーズ・ガール」とはいえ、「ガロ」や「アックス」と比べれば十分にメジャー誌。「IKKI」や「コミックビーム」でも載りにくそうなんだよな、ここまで砕けてても。

・・・・内容に関係ないところへ意識がいってしまった。
「はたらくカッパ」の魅力はカッパよりもやはりアンヌにある。「ケキャール社顛末記」の女子社員も良かったけど、アンヌのほうが仕事や生活にある程度の執着を持っている感じ。なんだ普通の女の子描けるんじゃん、と。動きもピョコンとしてるし、毛蛙(ケキャール)の血が目覚めるという仕掛けまで!
(どうやら父親は病気で毛が生えただけで、カエルには違いないようだ)
人物にちゃんと背景が(ストーリーに絡んで)用意されてるのって、初じゃないか。だから魅力的……というのは普通のマンガの作法なのか。腑に落ち所としてはごく普通。

カッパの歴史にも一応“設定”がある。でもこっちはマンガ用の設定でなくて、少年雑誌における“雪男の秘密”“UFOの内部図解”に近い雰囲気の、設定遊びなんだな。
作者の遊びに付き合ってるわけだ読者は。でも設定話が上手くて笑えて、下校中にずっとソイツの世界を聴きながら「なんでなんで」「どうなってるの」って楽しませてくれる友達はいたよな。昔。その感覚か。


で、行き当たりばったりにモンスターが出てくる後半は本領発揮。吹っ切れたようだ。メジャー誌だけどいいやってこと?

カニミソのドラッグ夢が入ったあたりで怪しかったが、無料のNORIMONOで運ばれたり、展望レストランが歩いたりという“移動で風景を見せる”技にはためらいがなくなっている。これがなくては、ともいえるのだが、これがあるから一般誌で連載できないのかもしれない。

もう無理に複数ページのマンガにしなくても、雑誌記事の口絵とかのほうがいいんじゃないか。ああでもそれこそ単行本にならないから、収入が減るのか。

マンガ好きとしては、「はたらくカッパ」くらいに筋があって魅力的な女性がいて、かつ世界はカッパ的なカオスというのは大好きなんだけど。落としどころが難しい。そんな媒体はねぇよと。


持ってる本がサイン入りだった。どこで買ったんだっけ。
そして関連で「アックス」の逆柱いみり特集号も買ってた。インタビューをいまさらに熟読。「はたらくカッパ」巻末の写生文(青林工藝社の社長による)と合わせて読むとさらに面白い。やはり絵描きの家系で、流浪の、浮いた感じの生き方が染みている人なのか。でも悩みが「カネがない」だったりして。

しかしこの、買ってはいるけどキチンと記憶にとどめていない、ぞんざいな扱いはなんなんだろう。そして今ぶりかえすように楽しんでいる。30歳を超えて懐が広がったか、俺。まだ若いな。

はたらくカッパ はたらくカッパ
逆柱 いみり (2005/04)
青林工芸舎
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/103-170bbe72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はたらくカッパ

はたらくカッパ ロドリゲスインテリーン【2009/11/23 14:27】
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。