09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あなたの方が上ですか?「さよなら絶望先生」9
2007/07/24 [Tue]13:22
アニメが想像以上に面白い「絶望先生」新巻。17日発売だったのを、まぁ、すぐに読まんでもと放置。ようやく買う。買い忘れてただけなのに「新刊だからってすぐに買うんだ?」と勝ち気取りしてみよう。
今回のヒットは過剰装飾と過充電。
インド……。自分も休みすぎないようにしよう…。メモリ効果のあるアルカリ人間なので、放電しきっても繰り返し充電してもよろしくないのだ。働いて休んで……。しっかり……。この切迫感だけでウツになれるな。



アニメでは膨大な小ネタがアニメ的なスピードで消化されていて、一話目なんかは見ていてチカチカ。録画して見直さないと追いつかないのではないか。そういう作りか。
時事ネタもアップデートされてた?違和感なかった(確かめようとも思わなかったが…)

巻末に収録のオマケ「絶望音頭」は夏休みアニメのエンディングっぽいな。勝手に関連づけて発見した気になれるギャグなのかも。過剰な小ネタ集の数に圧倒されるけど、基本は「気づく人は笑えますよね?」だものな。
気づいてもらえない可能性のあるサービスを心ゆくまで。絶望先生の大半は過剰装飾でできています。

講談社漫画賞少年部門も受賞。以前は「改蔵と同じ流れだ」と思ってたけど、違うんだろうか。アニメになれて、漫画賞がもらえる条件って。講談社だから(後者はそうか)?
スタイル確立→完成度向上、なのかなー。

さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス) さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス)
久米田 康治 (2007/07/17)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/126-b9e11d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。