09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
初陣を経て初巻につながる「ヒストリエ」4
2007/07/26 [Thu]10:39
太もものまぶしい表紙。ポニーテール。コレ見て「一巻に出てきた女性だ!」と思い出せる人は良い読者。自分は、えーと、新キャラだと思ってしまいました。だって一巻が出たの03年だよー。

あまりに久しぶりなので1巻から読み返してみる。挫折の要因となったスキタイ人の血を逆転させて成長し、故郷に戻る。序章としてエウメネスって何者ですかパートがまとまった、ところか。第二の故郷になりかかってた村を追われる際、村人を守るようにスキタイ流を披露。自己犠牲で村人を守るんだけど、半分は本音っぽいな。回りがバカに見えてしょうがないってのは。カッコいい。
濃厚なドラマ、半生記なのにコミックス4巻で収まっているのが、読んでいて不思議。10巻くらいの物語のようだ。
4巻まで読んで一巻をまた読むと記憶がまたバシッとつながる。気持ちいい。

エウメネスのすごさは、スキタイうんぬんじゃなくて普通に頭が良いし、本も読んでて洞察力が優れているんだろう。と、思いたい。
でもギリシア人のコテコテ軍人、平和ボケした村人とか、結構、民族や生活習慣でキャラが形成されてるっぽい世界ではある。世界はいまほど均質ではありませんでしたよねそりゃ。

ヒストリエ vol.4 (4) (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.4 (4) (アフタヌーンKC)
(2007/07/23)
岩明 均

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/128-2ac3c86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。