06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
使いたい放題のマンガ資源を「新吼えろペン」8
2007/08/23 [Thu]10:20
ウミノ先生まで巻き込んだ漫画業界漫画。男性誌に進出して交友が広がってますか、ウミノさん。
新刊をAmazonで。

語の組み合わせとプレイ内容は「メイド」「喫茶」と同じ「漫画家」「パブ」は、架空の店舗を想定して自分で怒ってぶち壊してるんだからまったく世話がない(笑)!
いや漫画なんだから架空なんだけども、ありえなさそうな店舗コンセプトだったので。「先生より先生っぽい」クオリティが全方位に保てたら流行るかな。

ふと漫画家のイメージ部分を担当してくれる場所や人材を版元が用意して、公式のファンサービスに……ってのはあってもおかしくないのか??とも思ったが、その前に人気漫画家の事務所には広報担当も秘書もいるわけで。

そうだ、えーと、どこかで実務(クリエイティブ)と顔出し(イメージ)を分担してる漫画家か作家の話を読んだな……。詳細を忘れてしまった。


「風呂敷をたたむ」話では「長ゼリフの後には間をおかないと、ただの情報になる」という、普通に役立つテクニックもひとつ。応用が利きそうだ。おぼえとこ。
しかし、風呂敷を畳みつつも「完成度など自己満足に過ぎない!」わけで、なかなかに噛みごたえがあるなぁ……。指してるものは違うコトなんだろうな。そこがわかってると読者もついてきて描いてても楽しい創作生活になるんだろうか。

今回はなんだか考えてしまった。体内に熱がこもるー。

新吼えろペン 8 (8) (サンデーGXコミックス) 新吼えろペン 8 (8) (サンデーGXコミックス)
島本 和彦 (2007/08/17)
小学館
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/149-9c306191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。