06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
オレは君が好きだよ……って!「ハチミツとクローバー」7巻!
2005/03/26 [Sat]01:03
誰に気持ち悪がられようとも「ハチクロ」が好きだ。6~7巻で大好きになった。

少女漫画の世界で、恋愛はすべての問題、関係のヒエラルヒーでトップに立つ最優先事項。「ハチクロ」もご多分に漏れずで、最初はそこが気に入らなかった。でも読んでた。

登場人物たちは、恋愛以外にほぼ隙なし。美術の才能があり、好きなことを学業でも仕事でも実現しながら、恋だけに悩んでいる。甘~い。
たいていの人の人生には恋愛以外の悩みがいっぱいある。才能にあふれる人たちは人生とか就職とかお金とかに悩まなくていいんだな、と思って、ひがんでいた。それでも面白くて止められなかった。
なんでしょうねこの矛盾は。

一応、貧乏で食うに困ってる風な描写はあるんだけどね。迫真の描写ではない。例えば画材(美術系の学校が舞台)の代わりにパンを買ってしまうようなことはない。「男子寮なんだからお腹すかせちゃったりするんだよ、きっと☆」くらいだ。あくまでも女子が夢見るイメージで、ぬるま湯だ。

それが、6巻でちょっと雰囲気が変わった。それまでの流れをごった煮にしてきて、予想もつかなくなるような悩みがはぐと竹本にぶつかってきた。長期戦の構えだと思うし、これで一気に先とまとまりに期待がムクムク。

絵と言葉の運びも、キレが良くなって、7巻を読み終えたら「少女漫画だなぁ★」という感覚から一歩踏み込んだ、キャラへの入れ込みでハマっている自分に気がついた。自分の中の童貞が号泣する。沈黙の童貞に引っ張られて読んでいたのだと思い当たったりして。

ちょっと小ギャグが増えすぎて、漫画としてはノイズが多くなってる気がするが、キャラが立ってくるとしょうがないことかと思う。読者も無意識に期待してるから、減らしていくと物足りなくなるんだろう。

ハチミツとクローバー (6) ハチミツとクローバー (6)
羽海野 チカ (2004/05/19)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/15-59d60153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。