09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
パロディの巨匠、集結「新世紀エヴァンゲリオン 特別総集編」
2007/08/26 [Sun]21:38
コミックス1,2巻分を収録して、ゲスト作家によるエヴァ漫画も付いてる特別編集本。雑誌の増刊扱いだけど、これで350円は安いな。

本編は昔、誰かに借りて6~7巻あたりまで読み、その後9巻までは漫画喫茶で追いかけた記憶がある。丁寧にじっくり追いかけていて、完結のしかたも含めて楽しみにしている(じゃあ買えよ、とは自分でも思うけどねー)。

その1,2巻分はシンジ君がいきなり呼び出されて、ふてくされて、でも元に戻るよりはマシだと踏みとどまるという、いたいけな少年を追い込むところまで。あんた、このあと大変な目に何度もあうんだよ、逃げといた方がいいよと思うのはアニメを見た人の思いではないか。

自分としては本編は「お得だな」程度のもので、やはり田中圭一、トニーたけざき、唐沢なをきのパロディ巨匠がゲストで参加しているバリューがデカい。
期待値どおりの「犬エヴァ」で手堅く笑う。犬エントリープラグはやはり尻から。犬使徒もやはり“生きてる”だよな。わはははは。エヴァと犬ガンダムを知ってる人向けだが、犬ガンダムはガンダムと犬の習性について知ってて読みたいわけだ。わはは。でも初見でも「なにやってんだ」的に笑えるだろうしな。すごいぜ犬エヴァ。

トニたけは絵を似せてきた編集上の地雷漫画。パラパラとめくってると本編と混在して見える。恐ろしい構成だ。アスカが出てるところはニセモノ(笑)です、と心したい。本編もギャグありだからなあ。つい受け入れてしまう準備ができてる。危ない危ない。

真打ちは田中圭一。カイジにサイバラまで混ぜてきた。「にえ殺す」って言うよね、サイバラ世界はね。
オチのパロディ元は見たことあるけど名前が出てこず、不勉強……。和田ラジヲ?
器用ってのもあるけど、ここでその作家を出す!という発想はどこから出てくるんだか。普段から「この画風はいける!」という仕込みがあるのかなぁ。


ほかに、高河ゆんの作品は、実に二次創作っぽいんだけども、ちゃんと腑に落ちる読み応え。さすがのまとまり。と思うほど高河作品に触れてきてないけど。


劇場版の予告が映画館やらテレビやらで流れている。街の風景の感じからして違ってるような。12年前は平坦で電線がなくて道が広くて人気のないお台場みたいな印象だったけど、今回は電線があって生活感のちょっと染みこんだ街に?? なんだろ、普通に箱根あたりっぽいなぁ。ただの書き込みの差かしら。
どんだけ新しいかは劇場で、ですな。

新世紀エヴァンゲリオン 特別総集編 2007年 10月号 [雑誌] 新世紀エヴァンゲリオン 特別総集編 2007年 10月号 [雑誌]
(2007/08/21)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/151-2d02b367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。