05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
仕事以外のスキルって「働きマン」4
2007/08/28 [Tue]17:39
29歳女性週刊誌編集記者のお話。刊行ペースがまちまちだけど、ドラマ化とかアニメ化に合わせてきっちり単行本を出してくる。安野モヨコは内容も仕事のペースもクオリティ高いな。

デスク代行として飛び越し昇進しちゃったり、友人の結婚やら占いやらのノイズからも「働き」についての再考が促される。
「このままここにいていいのか」ってのは編集部で働くみなさん、30前後で思いますか。一般企業でもそうなんだろうか? 30前後で自然と役職つけて、ゆるやかな坂にしてくれるような良い企業ばかりでもないだろう。
同期ともちょっとずつ差が付くんだよな30にもなるとな。

ズレと焦りと、責任と疲労を抱えて、いったん、家に帰れるというのは、「働きマン」としてなんとも幸せな4巻ではないか。客観的には。いいよね仕事で悩めて、という人も多いのではないかと思う。単調な事務で悩みようがなくて悩んでるよ、くらいの。

この漫画はいちいち身につまされすぎるので、危険だ。松方ほど優秀な人でも悩んでいるし努力してるし、と思って糧としたいのだがな。現実はな。夢ばかりを売ってくれない漫画だ。


個人的なハイライト。
以前に逃げた記者に「もう仕事はない」と言い切った編集長は、捏造記事を書いたのに「俺が抜けたら」発言をした記者になにを言ったんだろう。結果、休職しているが、させられたような手触りあるシーンだった。

働きマン 4 (4) (モーニングKC)働きマン 4 (4) (モーニングKC)
(2007/08/23)
安野 モヨコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/153-ebe95b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。