05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
いみりと花輪が描き下ろし「戦慄!!呪いの都市伝説モンスター」
2007/09/04 [Tue]09:36
コンビニで発見。軽装版で流行りの都市伝説か……と安易な気持ちで見やれば、表紙が丸尾末広。裏表紙には「戦慄のオール描き下ろし」とある。

逆柱いみりが描いてるだけで買っちゃうわけだが、ホラー界で名の知れた人たちが参加している豪華な内容。「監修・並木伸一郎」に反応する人もいるわけで、これ、コンビニで450円ですか。

それぞれの内容はモスマンやらゴートマンやら洋物怪人、口裂け女に赤マント、人面犬にカシマさんらの和物怪人のエピソードをわかりやすく漫画化していて、そっち方面の新ネタ満載ってわけではない。有名なキャラをネタに局地的に有名な作家が描いたアンソロジーなのね。

ただ、その中で逆柱いみりと花輪和一は特に異色。いや、ほかの人も漫画としてアレンジはしてるんだけど。
逆柱いみりの「マッドガッサー」は、都市伝説モンスターのガッサー本人が現れるまで6ページを割いて(全体で16ページなのに)、轟音と悪臭に満ちた工場地帯を歩く悪夢が描き込まれている。あの、例によってそういう風景が描きたかったんであろう流れだ。吐瀉するまで長い長い。さすがいみり世界は都市伝説を前にしても作法を揺るがせないぜ!と勝手に盛り上がったり。

花輪和一の題材は人面犬。タイトルは「人面犬の生まれる理由」で、もう人面犬を見たとか現れたとかキャーとかギャーとか言わない。魂、精神のレベルが……という、奇妙な説得力を持った弁舌がさえ渡って、ボンヤリした犬の顔の写真に落とし込まれる。テンション低めだけに空恐ろしい。

短編でおおいに遊んでおられますな。
ゆくゆくはそれぞれの単行本に収録される可能性もあるけど、これは貴重な一冊。季節感あふれる商品なので、コンビニで買いそびれなくてよかったー。

戦慄!!呪いの都市伝説モンスター (プラチナコミックス)戦慄!!呪いの都市伝説モンスター (プラチナコミックス)
(2007/08)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/157-6967f922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴィンセント・プライス主演!17世紀イギリ

状態レンタル落ち中古ビデオメーカービクター公開・放映情報1970年米87分スタッフ監督:ゴードン・ヘスラーキャスト出演:ヴィンセント・プライス/ヒュー・グリフィス/エリザベート・ベルクナー/ヒラリー・ドワイヤー/カール・リグほか。情報ヴィンセント・プライス主演!... ホラーへの思い【2007/09/08 18:08】
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。