06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
お約束を破るのがお約束「PRESENT FOR ME石黒正数短編集」
2007/09/05 [Wed]05:11
Amazonの書影で、なんとなく購入。いや、価格合わせに発売中の何かを選ぼうと思って、レコメンドされてた中から「表紙が『EDEN』っぽいな」というだけでクリック。
……いい加減な買い方だ。しかしこういう冒険をしないと広がらないわけで。
Amazonのレコメンドでは「それでも町は廻っている」もオススメされており、気になってはいた作家だしね。

で、読んでみると超能力とか世界の滅亡とかヒーローとか魔女とか、大きくSF・ファンタジーに類する作品が7つ。こっち方面の人だったのか、嫌いじゃないぜーと読み進めていった。

傾向としては、SF・ファンタジーにおけるお約束をかわしてみて、ただ否定するだけでもない新たなオチへ導く構成。02年から04年だし、そりゃまともにSFやるわけにもいくまいが、なんとなく「かわし方」自体もお約束じみてはいるかな、と思う。
役に立たない超能力や発明でトホホとか、怪人結社が解散してヒーロー孤独にとか。どっかで読んだような。

そこで光るのは力業で笑わせてくれる「なげなわマン」や「泰造のヘルメット」。設定に乗って、作者がひょいとかわすところまで着いていったけど作者がソコで意味不明の踊りをしていたとか、そんな「かわすとか関係ないじゃん」な笑わせにひっかかった。
お約束のかわし方にもテクニックがあるんだなー。そりゃそうだ。

「それでも町は~」はどんな作品なんだろか。
この脱力具合を定期的に味わうのも良さそうだけど、こなれてアホさが減ってるとなー。誰かに借りよう。

PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
(2007/08/03)
石黒 正数

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/158-2fdf7c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。