08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
借金と軋轢の上に「ほんとに建つのかな」
2007/09/07 [Fri]14:52
古書店で発掘。定価の半額以下、500円ナリ。

4コマとストーリーの2部構成というか、同じ経験を二誌で連載してたのを合わせた本。作中でも振り返られているが、同じネタなのに読者が受け取る印象はかなり違う。作家は現実をいったん呑み込んで、作品として世に出すのだよな。わかりやすい事例だなこれは。

細かい段取りの描写も入り、小刻みに笑いやオチが組み込まれたドキュメンタリー風漫画だ。風、とはいえホントにあったことなんだろね。全部。むしろ描いてないことのが多いんだろう。
義父はひどい人で義母はバカ。建築士は頼もしい。銀行はいい人。わかりやすすぎるんだが、だからこその現実か。

一般的には家・マンションを建てる、買うって事態には予算・収入と間取り・家族構成、勤務先・最寄り駅あたりがビッグなイシューになりそうだ(ちょっと待てなんだイシューって。まいいや)。もっとも大きいのは予算の工面だよな。
内田春菊の場合は、一般だったら圧倒的に余りあってる収入がありつつも、借金がごっそり付いてきているところがまた。そうでもないと漫画にならない、漫画家として成功してないのかとかいう話になるのだけども、そういうわけで予算の面ではまったく参考にはならない。その辺を期待して読むひとは少ないかな。

家を建てるのにおうち(家族の方)がこんだけ関わってくるとは、壮絶。なまじっかお金があるからズレが生じているところもあり、生活も仕事も、幸も不幸も、愛も憎しみもすべて漫画家としての自分発。かわいそー、ひどーいと思いつつも、最後のコンマ数%だけ「でも理解はしきれません」の世界。できてたまるか、作家の不幸なんて。

ドラマを呼ぶ人生も、大変そうだな。
あと自分が「稼いでいる」ことを強烈に意識していると思った。反対方向の風にさらされてきたんだろう。


というわけで、中古マンションでも買いたいナーそろそろ、という人(俺だ)にはまったく参考にならない。はっはっはー。

ほんとに建つのかなほんとに建つのかな
(2004/05)
内田 春菊

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/160-fd066c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。