07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
姉ぇが教えてあげる「鬼虫」1-5
2007/09/12 [Wed]10:50
3巻まで古書店で買い、5巻はAmazonで注文できたものの、どうにも4巻だけ見つからなかった。絶版だったみたいで、大型書店を巡っても「もうない」「4巻だけない」に出くわすこと多々。ネット古書店で入荷待ちしてようやく買えた。
変わったテンションで維持されてしまった。

で、舞台は半裸生活の孤島。本土(なのか?)では稲作が盛んで船があって仏教が伝来してる、時代は平安。基本的に半裸で生活し、性欲はなりゆき任せ(カップリングはある)。激しい労働の際は全裸になってるから、衣服も雑なりに貴重なのだな。

信仰や生活習慣が異なる野蛮な国に漂着してしまった文明人、という、角度的にはよくある構図。だけど視点は野蛮人側からだ。マナメが、クウロウがってのは現代人の視点で、どっちもどっちで信仰が異なる。噴火してんのに祈るだけ、待つだけってのはさすがにクーデター起きるだろうけども。
モモエにしても宗旨替えしただけで、感覚自体は同じだ。文明開化しないといいように使われてしまうのねぇ。伊達で人類は進歩しない。

設定は面白いのだが、最初は読んでて全体ばかりが気になって、人物に気がいかなかったところがある。姉ぇへのこだわりが重要な要素として働くんだけど、すまんが野蛮人には感情移入できなかった。かといってマナメ視点でも読めないよなぁ。重要人物も少ないし。
と。ところが5巻あたりで、島全体の抗争になってようやく盛り上がって読めるようになった。ソコを目指してのタメだったかと思うほど。トラゴがエンジン全開ー!

というわけで、いやらしくてズルくて暴力的で利己的な人間性丸出し(裸だしな)の柏木ハルコ特有のガチバトルは最後までお預け。一気読みしたかった。

マナメは最後、伝説へ。民話や都市伝説が誕生する瞬間でしたか。やっぱ視点が高くなるなぁ。

鬼虫 5 (5) (ビッグコミックス)鬼虫 5 (5) (ビッグコミックス)
(2005/03)
柏木 ハルコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/163-f7782f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。