07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
主人公VS巨大ロボ「21世紀少年」下
2007/10/05 [Fri]10:03
ようやくの完結巻。残された謎を回収しつつ、対ロボットのバトルも入れて、最後に余韻。さすがの巧さ。全部はわかってないまま読み終えても満足感がある。読者が作中人物と一緒に疾走するので、その勢いで参加読みができたんだな、ずっと。

カツマタ君がこういう形で残るとは。読めた読者はいるんだろうか。「最初から」なのか「成り行き」なのか。結末が見つかった時期が知りたくなる。最初からかなぁ。顔を隠している段階で誰にでもできるというか、誰かであるとわかってしまってはいけないわけだ。だから「わかるわけないじゃんよー」とみんながブーたれてるくらいがちょうど良いのかも。
「誰でもなかった!」なんてのよりは。

バーチャルワールドがちょっとしたタイムマシンになっていてビビるのだが、そこはカンナの超能力と同じく、ギミックとして楽しく使われていたように思う。

でだ。結局、ケンヂは何と戦ってたのか。結局、「ともだち」との戦いはなく、ロボットを転ばせただけ。
地球の平和を守るために悪と戦っていたわけだが、その実体は仲間はずれをしてしまう人間社会の縮図だった!なんてね。最初にいじめたから「ともだち」が「絶好」とかしはじめちゃうんだ。でいいのか。過去に戻って大人が子どもを諭して解決ってのは、そりゃそうだよ。誰だってやり直したいもの。そこはズルすぎる。ケンヂだけの自己満足じゃないか。(バーチャルだけどな)

中高と地味めの生徒として過ごした自分からすれば、クラスの人気者のケンヂに感情移入はできないんだな。実のところ。彼にはギターがあり、ロックがあり、人望があり、ガールフレンドもいる。生まれながらの主人公である。
んで、そういう人たちはパッとしない自分のような層を「マイナーなやつ」「誰?」なんつって見ているんである(きっとね)。
ともだちや知り合いが多かったり、ただ目立ってると「メジャー」なんつって胸を張れる。よく考えればくだらない。
そんなのはただの被害妄想で、そんな見下しをされた覚えはないのだが。

「ともだち」はロックを主役にした「カッコいい」社会からはみ出て革命を起こそうとして、暴走してヒーローに倒された。つかほとんど内部崩壊だ。ラストシーンからすればロックに救われてもいるのだが、結局ソレは「メジャー」な人への憧れじゃないの。みんながロックで燃えるかね。
悪さがどうってよりも、とことんわかりあえないまま友だちごっこを続けてしまったアホさなんだよなぁ。やはり友だち作りすら器用にできないやつに世界は任せられないと。あいつは昔から変なヤツでしたということだ。

大人になっても人脈とかコネとかでいろいろ決まっちゃうんだし、それってちょっとした「ともだち」が隠れてるだけなんでないの。みんな中心人物と「ともだち」になりたいのだ。価値観が変われば「ともだち」を変えるだけで。

だから、みんな、自分なりにギターを弾いていないと「ともだち」探しで一生が終わってしまうのだな。


読み返す気にはしばらくならないが、長期にわたって楽しく読めた。作者、制作の関係者に感謝!

21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
(2007/09/28)
浦沢 直樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/178-7a998661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。