09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
空の食欲魔人から「ブレーメンⅡ」(川原泉)1-5
2007/10/16 [Tue]08:16
古書店で5巻セット1000円。安いなり。カーラ欲が谷のころに出てた作品なので読んだことなかったのだ。

主人公はスゴイ人なのだが、例によってたんたんとした丸顔の語り手。1巻、1話めからいきなり動物社員、宇宙人が登場してびっくり。
その後も宇宙妖怪とか麻薬的自走植物、悪魔的改造生物まで。ガンガンとSF的な(どんなだ)波が押し寄せてくる。今回は冒険漫画なのですな。絵柄は相変わらず呑気だけども。ラスボスは強いぞ怖いぞ悲しいぞ。

宇宙船のアンブレラ、キラとナッシュ。すっかり忘れていたが「空の食欲魔人」からの引き継ぎ作品でもあるとか。気にしなくても読めるが、それでいきなりの急展開だったのかも。

流血、死傷、怪異の描写も多め。「メロディ」だから? 正直、ちょっと凍った。んー。自分にブランクがあるからか。過去にもソコはざっくり書くこともあったと思うし。こう、ほわんとした部分が記憶を広く占めているのだな。なるほどな。
絵や世界は、動物たちの笑顔のおかげで呑気さ2割り増し。
そのギャップかもしれない。

動物労働者について掘り下げがある中で、リリカルな展開(恋とかね)もあるかな~と思ったが、わりと大きくかたく読めた感じ。
掘り下がったのはヤギとトラだしな。ウサギやネコだったらまた違ったか。

てか「空の食欲魔人」を忘れている時点で流れに乗れていないのか。文庫で探すかな。

ブレーメンII (1) ブレーメンII (1)
川原 泉 (2000/04)
白泉社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/184-3cf54e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。