09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
オメガじゃない「BLUE DRAGONラルΩグラド」(鷹野 常雄・小畑 健)4
2007/11/07 [Wed]10:28
発売済みなのにAmazonに画像がまだないのか。タイアップにして人気作家が参加したけど、いまいち膨らみきらずに終わってしまった。タイアップらしさはみじんもなかったのだが。

4巻は急ぎすぎていて、ゴタクが少なめのテンション高め。作戦重視のバトルはそのままに熱い機運が満ちていてソレっぽかったんだけどな。さすがにブラックライノセラスと幹部集団がテキトウすぎる処理だった。2巻までのマッタリ感を取り戻そうにも時間がないよと。
結末に向けて人間とカゲの融合と断絶に踏み込むメッセージがにじんできたので、もうちょっと続いても良かったのかなと思う。連載なんてそんなもんかなぁ。
後書きによれば別パターンもあったそうな。オメガじゃないそうだが、もろもろのテキストではΩになっている。校正が及ばないところもあるけど、オメガ、オメガじゃないのくだりからしてギャグのような気もする。「どうでもいいけど」感がひしひしと。


しかしラスボスの特殊能力が戦闘前から判明しているのはどうかと思った。まるで攻略本やネットで「俺もう知ってるんだけど」みたいなアッサリ感。なにこのネタバレ世界。ゲームやってんじゃないんだから。そんなとこだけゲーム的か。
ああ、思えば敵の強力な攻撃に「こうすれば勝てる!」みたいなチュートリアル付きで挑むのはRPGのイベントバトルなのか。そう解釈してしまった。

BLUE DRAGONラルΩグラド 4 (4) (ジャンプコミックス)BLUE DRAGONラルΩグラド 4 (4) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
鷹野 常雄、小畑 健 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/198-862249af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。