07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
恥かすィたるニッ「阿佐谷腐れ酢学園 エマニエル編」(SABE)
2007/11/09 [Fri]14:56
「快楽天」4年分の連載が一冊に。続いてたのか。エロ漫画らしくない装丁だし、実際、成人コミックではない。やってることは普通のエロ漫画よりエグいこともあるが、笑いは偉大だ。

アライグマに鹿(スターン!)、ペンギンの獣性が野蛮に燃えさかる。彼ら、彼女らを見ているとブルマーだ覗きだ肛門だとこだわっている人間のなんと高貴なことか。逆か? 読んでるとわかんなくなってくる。
漫画なんだけど、非現実的なんだけど精神性やアクションにリアルさを感じてしまう画力は相変わらずだ。美も汚も血も皺も丁寧な描き込み。肛門も容赦なく描くぜと。

その巧さでいえば、ミヨのタレ目顔の、絶妙なかわいくなさがそうだ。派手でもないし強くもない、普通の、かわいい方なんだけどメインキャラのオーラがないという。ズルさやテキトウさがにじむ瞬間の似合うことといったらないよ。

完結すると思って読んでいるからか、フロコゾーの悶死はちょっと悲しかった。各キャラに見せ場を作っていってるんだなぁとか、勝手に考えて。
生み出され、虐待されて、笑いを提供してくれたキャラクターたちに感謝、合掌。ペンギン虐待女は「ビューティフルマネー」時代のクールな感じ(記憶)の方がよかったな。しかし学生時代にふとペンギンの表紙で手にとって、以来ずっとSABE作品を読んできている。いいことだ。

そうだ、フード女の活躍がいまひとつ。かわいいと思うんだが。

阿佐谷腐れ酢学園 エマニエル編 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) 阿佐谷腐れ酢学園 エマニエル編 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
SABE (2007/10/31)
ワニマガジン社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/200-65fab008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。