08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
トニたけウェポンズ「トニーたけざきのガンダム漫画」(トニーたけざき)2
2007/11/21 [Wed]04:04
安彦良和に激似の絵柄で「同じ雑誌に載っている」驚愕のパロディ漫画2巻。1巻に比べて薄いが、2/3ほどもフルカラーなんである。当然のコスト。

そのカラー部分の約半分は「トニーたけざきのガンプラ漫画」。ガンプラを作り、塗装し、ポージングだのウェザリングだのして写真撮影して漫画にする。すんげぇ手間がかかっている。帯にあるカトキハジメ氏の「手を抜くことを知らない」を超えて、手間をかけることが大好きなのではないか。それが面白さやオリジナリティのためならば。

トニたけの手にかかればPGガンダムもフレーム丸出し・ガニ股・アタマ外れになる。ガンダム・シューズって! ダム・カバーって! んでボールもシャア専用になっちゃう。
ただ壊したりバカなポーズさせてるんじゃぁもちろんないのだ。シューズが脱げれば足の指が作ってあるし、1/6人形でシャアも作る。シャアがMGアッガイを作るシーンでは1/600のガンプラ箱まである。細かい。異様に細かい。手を抜いたんでしょ、大変ですからねと言われるのを恐れているかのような(邪推)。

巻末の模型作成解説はもっと濃くてもいいと思った。一発ギャグだから膨らませようがないかもしれないが。
ビジュアルと模型テクで楽しむ、ガンポンのような漫画だった。

心から、お疲れ様です。面白かったです。

トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2) (角川コミックス・エース 113-2)トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2) (角川コミックス・エース 113-2)
(2007/04/26)
トニーたけざき、矢立 肇 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/207-a5fc7eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。