05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
ついてきたモンだけはせいぜい大事に「おひっこし」(竹易てあし・沙村広明)
2007/12/06 [Thu]16:45
「無限の住人」の作者が別名義で描いた短編集を古書店で発掘。「むげにん」は2000年くらいまでしか追いかけてなかったが、コレはどっかで読んだような。残酷絵の「無限の住人」と「おひっこし」のラブコメが極端で、ガス抜きだとか思ってた記憶もあるし。
そんな背景はおいといて、5年も経った今は普通の短編として読める。

大学生の恋愛模様で、童貞もいれば処女もいるし、恋に手慣れたお姉さんもいる。青年海外協力隊に行ったかと思えば妊娠させて帰国。バンドもやってるし、たいてい飲んだくれている。実に楽しそうな大学生活だ。

なにしろ赤木さんの美しさの漫画だろう。露出の多い服装で、しなやかな身体をぐいぐい見せる。画力あってこその美だよな。漫画的に「美人です」って描写じゃない。
特に「小春川はさ、アンタの事が…」というくだりのもたれ具合、最高だ。なぜ自分の大学には赤木さんがいなかったのか。いたらいたで困るか。

で、主人公は赤木さんに対して無理めの恋に盲進しており、告白されたとわかってもその思いを貫く、なかなかに見上げた根性の持ち主。やりたい盛りなんだから、好かれた方になびいてもおかしくないのにだ。そこがむしろ童貞らしいのか。
童貞らしいといえば、主人公は何処かしらカッコ悪く見える。有り体なブサイクじゃないのに、なるほどモテないオーラがにじむ。なんだろう。髪型か。肩幅がちょいと狭くて頼りない感じか。なにか男らしさの決定打に欠けるような。なぜかキモいというか。書いてる自分もひとのこたいえませんがね。

そうか、モテなさげでも救いがあり、ガッツを持っている主人公が良いのだな。どこがいいわけでもなく、良い。自分に近いとか言い出すのもなんだけど。
面白かった。もっと早く手に入れておくべきだった。


併録の「涙のランチョン日記」は、まるで「嫌われ松子の一生」のようだ。コメディであり、幸福は用意されているが、でもずいぶん前にあったのだな、この構成は。


そういえば、「無限の住人」ってまだ続いてるようだ。自分の中では凛と天津が行動をともにしてたところまでの記憶。まとめて読んで追いかけたいな。でも、わりと見かけない。

おひっこし―竹易てあし漫画全集 (アフタヌーンKC)おひっこし―竹易てあし漫画全集 (アフタヌーンKC)
(2002/06/21)
沙村 広明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

はじめまして。ムゲニンは連載で追っていて、コミックスは揃えていない者です。
この「おひっこし」だけは当時、買ってしまいました。
確か、今は無き、アフタヌーン増刊?とかで連載していましたが、
連載中、未読の話が数本あったので買いました。

沙村氏が時々ムゲニン作中で展開されるギャグが気になってしまったもので・・・つい。

連載はまだ続いておりまして、一応「終章」に突入したみたいです。
来月号あたりから、凄惨な戦いの火蓋が切られるかも?しれません。
面白くなってきております。
【2007/12/10 03:40】
URL | 森山ネム太郎 #Qlke00As [ 編集 ]


はじめまして。
「無限の住人」、ようやく終章ですか。長い長い。
ネム太郎さんのブログで拝見して「尸良」をおもいました。まだいたんですね……。
ちょっとずつでも追いかけ読みをしたくなりました。
【2007/12/10 21:12】
URL | dukimochi #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/217-b165b3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。