09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
怪物が生まれてしまうかもしれない「PLUTO」(浦沢直樹)5
2007/12/11 [Tue]14:29
うわ~!強ぇロボットがいるんだな! だっけ。あらすじをすっかり忘れてしまった「アトム」リメイク第5巻。改めて手塚原作(講談社の全集の13巻目)を読み返してみたが、こんなシンプルな話がこうも混み入るか。手塚漫画全体にがっぷり四つ。

ヘラクレスもやられてしまって、今回は「なぜプルートゥが生まれたか」「ロボットが進化するとモンスターになるのか」あたりに踏み込む。
原作ではプルートゥを造ったのはアレなので、じゃああのクマのぬいぐるみがそうか、とも。
アレの立場、依頼した(?)ダリウスの思惑からすると、「プルートゥの誕生」と「ロボットのモンスター化」は一連のもの。
もともとロボットが進化して感情を持ち、「人間みたい」になってる社会なので、プルートゥ側からその矛盾というか、いつの間にかのおかしな事態がゲジヒトの記憶回復やアトムの復活(100万馬力?)でも突きつけられると。
……ということでいいんだろうか。謎多すぎ。

ダリウスがまんまフセインで、倒されたロボットたちは中東戦争に平和維持軍として参加したことがあると。時事ネタですな。原作でも国を失ったアラブの王様だしな。
感情を持った存在が戦いを強要されたら人間と同じようにストレスを抱えるよね。ヘラクレスみたいなのを量産した方がはやいと思うんだが、漫画の中では過去の話なので事情はわからず。


しかし、原作を読み返していて、プルートゥやボラーを造ったのはてっきりあの博士かと思ってたが(再読にもかかわらず)、そうか、アレだったか。どんでん返し。

PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)
(2007/11/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/221-afc5e33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。