06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
信じる力みたいなもの「CUE」(村上かつら)3
2007/12/17 [Mon]12:55
なぜか2巻、1巻の順で読んでしまった、演劇漫画の3巻目を古書店から発掘。変な巡り合わせの作品になった。

演劇を小劇場で続けるにはただでさえ経済的な困難がつきまとうのに、作中の人物はクリエイターとしての器用さに欠けたり、生活にすら困窮する有様だったりして、どうにもハンデがでかすぎる。とはいえ仕送りで悠々ととか、理解ある金持ちが現れて「君たちには才能がある!」ってんでもシラケそうだが。

結局、少年の演劇的な行為が集められた観客に伝わったかどうかは不明。あなたを彼らは見ていたはずだ、という「信じる力」が最後にも出てくる。信じ合うというか、信じ合っていると信じる力というか。
この妄信的なまでの共有感覚は非常に小劇場的だなと思う。最後に集まった観客は小劇場へのアンテナ(微笑)が高い、もしくは高いと自負している人たちなので、意味がわからないならそれはそれで、「奇妙な体験をした」という満足を得られたと思う。それで十分。

しかし、伊藤可奈の演劇力はある程度あると示されてはいたものの、了三の脚本は実際のトコロどうだったのよとか、竹田の潜在的な演劇力はどんなもんだったかとか、わからないまま、あえて言えばハッタリのまま終わってしまった。残念。

1回くらい、まともな公演を打たせてあげたらよかったのにな。コウ、了三、伊藤、竹田、団団座スタッフ、シアター夢。ぜんぶが揃ったところで、どんなものが作れたのか。そこを伏せたままにしているのはちょっとずるい。結果を出さずにみんな才気あふれてそうに見えるものなぁ…。

題材がややこしかったのかもしれない。演劇(を本気で)やるだけで大変なんだから、外的な要因が盛りだくさんだとねぇ。

CUE 3 (3) (ビッグコミックス)CUE 3 (3) (ビッグコミックス)
(2005/02/28)
村上 かつら

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/226-f0477459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【小劇場】についてのお得なブログリンク集(旬なキーワードでお得なブログのリンク集)

小劇場 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると… 旬なキーワードでお得なブログのリンク集【2007/12/17 16:05】
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。