07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
周り騒がせて中心無風人間の集まり「さよなら絶望先生」(久米田康治)11
2007/12/25 [Tue]09:54
アニメ「俗」に向けて首を鍛えなおしている模様。しかしアニメ化の帯がなかったら新刊だと気付かなかったかもしれない。

糸色倫(確かにこう書くと絶倫に見えるな)は例によって後ろ姿で登場、が多い。でも切り抜きの人物画を入れるうえで変化つけてるだけで、意味はないか。
その倫が「首を鍛えてらっしゃるの」と暴露。絶望は努力の果ての芸だったと。この巻で特に首つりはしてないが、イメージアイテムに縄はあるよな。さすがの11巻。差し替えになる千里ちゃんの残酷オチも定番だったところへと。
今巻では「スルーライフ→生産者表示」がイチ押し。一話で2ネタ使っている。お得というか、これだから「またか」にはならずに楽しめるわけで。脱線する理屈の展開を追いかけるのが楽しいのだから。

ネタのかぶり、使いまわしについてはスルーライフで。政治家が嫌いでサッカーが好きで、でも某ジョカトーレについては冷やかに。
仮に仕掛けが同じでも時事ネタ含みだから問題ない。でも単行本をまとめ読みするとくどくなりそうだし、連載で追いかけるか、新刊のたびに読むのがいい漫画。
正直、藤吉さんの腐女子ネタとか、5年後はどう読んだらいいのか。「一般的になったのこのころからだよねー」「801ちゃんとかあったよねー」ってなってればまだいいけど。

著作権の過保護における「当社のキャラクターの著作権を侵害していると判断せざるをえない」という言い回し。お役所的な声明は「せざるをえない」だよな。うん。

しかしセンセイ、モテすぎだ。


→木野君の未来的ファッションネタはこのへんから定番化、の読みログ
糸色倫は後ろでしたぁ「絶望先生」10

→アニメが始まったあたり、の読みログ
あなたの方が上ですか?「さよなら絶望先生」9

さよなら絶望先生 第11集 (11) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第11集 (11) (少年マガジンコミックス)
(2007/12/17)
久米田 康治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/232-0d74bc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。