09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
お力になれることがあるかも「新ブラックジャックによろしく」(佐藤秀峰)3
2007/12/28 [Fri]09:33
腎臓移植を「する、しない、する、しない」ってやってたら、いつの間にか「好き、嫌い、好き、嫌い」…ってなってた第3巻。

展開おせぇーと言いたいところだが、その間にも意味があるわけで。行間というかコマ間の重たい漫画だ。

赤城さんは「生きたい」、斉藤先生は「医者でありたい」。
こんだけの本音にまっすぐ向き合えないややこしさ。
回想や対話で感情や過去が描かれるんだけど、なんかもう、全部はわからないよな、という気がしてくる。
雪の中、直立不動で帰りを待ってるなんてもう恋だろう、と断定もできないし、本人が「好きです」っていったとしても、わからんよ。本心なんて。

お話の展開にピッタリ合うパズルピースのような回想や感情表現なんて、よく考えたら都合がよすぎるものな。記憶違いも思い込みも、その場の勢いもあるしな。
このわからなさは普通のことなのかもしれない。わからないまま感じ取るしかない。

皆川さんは仕事で自分を取り戻す。スキルがあって居場所が確保できると、心は安定する。
普通だ。
そこで恋心が厳密にどうなったかは計測や表現しても「そのときはそう」なだけ。ってことだよな。
赤城さんに「かわいそう…」のときの表情ったら、ないぜ。喜怒哀楽の4種どころじゃない感情が混ぜこぜの、いい顔をしている。
これだな。全体の「わかりえないこと」はこの表情が象徴している。


すったもんだの当事者間に落ち着いて、次はまた院内の話になりそう。斉藤先生がどんなルートを探すか、もしくは突っ切るか。
寝業も使ってきそうな確信ぶりだが。

……と「斉藤先生」と自然に書いているな。読んでる目線が赤城さんか皆川さん寄りになっている。
そりゃ、終始「医者ですから」って言い続けてる(自己暗示もあるな)人に感情移入なんてできないよん。斉藤先生が成長したというか、ついてけないほどの「医者でありたい」。
永大で立派に育った若木ですなぁ。


→2巻の読みログ
決意するまで「新ブラックジャックによろしく」2

新ブラックジャックによろしく 3 移植編 (3) (ビッグコミックススペシャル)新ブラックジャックによろしく 3 移植編 (3) (ビッグコミックススペシャル)
(2007/12)
佐藤 秀峰

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/235-78803631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【腎臓移植】について最新のブログの口コミをまとめると

腎臓移植 に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 プレサーチ【2007/12/29 06:53】
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。