03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
よく見たら黒目がちで「カワイコちゃんを2度見る」(福満しげゆき)
2008/01/22 [Tue]09:44
「小規模」に続けて読む。「2度見る」は「二度見する」じゃなくて「2回、目にする」だった。
鬱々とした笑いだらけで、予想以上の快作! ギャグ短編集だったのか。

表題作は未発表作品で、表紙イラストは「日本のアルバイト」という連作から。おっさんと青年は主人公だけど、豊満な女性は端役も端役。でも良い装丁だなぁ。
なりゆきでゾンビ退治に従事し、アングラじみてるけど悪の派手さもなく状況に適応していく地道な主人公。ここは「小規模」に通じる感じ。流されてゆくー。

描いた時期は1999~2000年前後(表題作だけ97年)で、掲載誌もバラバラ。
ダッチワイフが届くとか、おっさんが女子高生の衣類に貼りつく(ド根性ガエルばりに)とか、服が透けて見えるメガネとか、生首女性を鉢植えで育てる(そんなギャルゲーあったな、韓国産)とか、通り魔しておいて女子高生と逃避行できるとか。
妄想だだ漏れのエロチック(純エロではない)漫画も多い。あ、ゾンビ退治も自殺未遂も宗教も妄想か。
ギャグ短編集じゃなくて妄想短編集。
でもその妄想に手痛く裏切られる自己完結のむごさ。作者なんだからもうちょっと溺れてもいいのに、無欲なのな。


突っ走り感の高い「僕の宗教に入れよ」「バタフライキック」が好きなんだけど、それは「小規模」を経て作者に関心を持っている段階だからかもしれない。受け入れ態勢ができてないと、あの違和感をどう処理してよいか。

途中に95~96年掲載とある、変形4コマが4本載っているが、コレが「小規模」でも触れられていたハガキ投稿の漫画、だよな。
このころから麻っぽいザラザラ感の「片目出し覆面」があったのか!



→ブレイクのきっかけ、の源流の読みログ
どのスタート地点にすら「僕の小規模な失敗」

→講談社にて連載中の漫画家&愛妻生活漫画の読みログ
カワイイけどずんぐりむっくりしてるな「僕の小規模な生活」1


カワイコちゃんを2度見るカワイコちゃんを2度見る
(2003/12)
福満 しげゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/252-205d9174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カワイコちゃんを2度見る

カワイコちゃんを2度見る ロドリゲスインテリーン【2009/11/23 14:01】
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。