06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
警備会社のような名目で「生活」(福満しげゆき)1
2008/02/04 [Mon]10:44
「小規模な~」で広く(広いよね?)注目を集めている作者の長編新作。連載はアックス、版元は青林工藝社。
あとがきにもあるが、作者の不安神経症なところと、過剰に備えてしまう強さ(とにかくいろいろ気をつけよう!)を表した漫画。
個性的なキャラ豊富、アクションあり、怒涛の展開続きで名作の予感。メジャー誌の「小規模な生活」よりもメジャー誌らしいのではないか。
アクションや武器もカッコいいし、妙にカッコいいなりのカッコわるさも残ってるし、出てくる人たちの顔が面白いこと。かわいい丸顔女子も出てくるしな。

タイトルはなぜか「生活」。表紙には「a life」と付いてるが、タイトルそのものは「生活」のようだ。圧倒的に検索負けする名前だ。
善とか悪とか、裁くとか正しいとかじゃなくて、それぞれが気持ちよく生きるためにどうこうって漫画だから、このタイトルかなと、納得してみる。

闇の懲罰行為を個人的にやってたら、いつのまにか人が集まって必殺仕事人、怨み屋本舗みたいなオオゴトへ。
テレビや新聞で情報化されて、行為の結果と快感だけが広まってしまった。
普通に考えれば警察組織の法的、組織的な弾圧とぶつかりそうだが(今後の展開か?)、いまのところそれはナシ。人間対人間の弱肉強食(トンカチおじさんが言ってたようにだ)、狩猟生活が生まれてしまった。

妄想的な世界が現実を覆い尽くして逆襲してくる。種火の延焼が激しすぎたな。
あっけらかんと描かれてはいるが、それだけに読んでいて「いつのまにかオオゴト」感に巻き込まれる。
実に緊張感のあるところで2巻へ。面白い!


→タイトルは似ているが別漫画、の読みログ
カワイイけどずんぐりむっくりしてるな「僕の小規模な生活」1

→妄想が暴走する短編集の読みログ
よく見たら黒目がちで「カワイコちゃんを2度見る」

青林工藝社の福満しげゆき単行本、軒並み読みたくなってきたな。


生活 1 (1)生活 1 (1)
(2008/01)
福満 しげゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/262-0ca9f9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。