10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
あるもんは認めねぇとなぁ「邪眼は月輪に飛ぶ」(藤田和日郎)
2008/02/08 [Fri]09:36
新刊がエアポケットだな、と思いつつ再読。「アオイホノオ」が届くのを待ってる関係で富士鷹センセイのを。関係ないか・・・

見るだけで殺せるフクロウがいて、それを撃てるのは殺気を消せるマタギだけ。サポート役にはフクロウの呪毒を散らせる拝み屋(巫女)。
この三者だけだと妖怪退治の昔話なんだが、米軍やCIAは乱入するし場所は現代東京のド真中。
こんだけ役者と舞台が揃うと納得ずくで引きこまれてしまう。絵とナレーションの力もつよい。

モニタや電波を介しても「見られたらみな死ぬ」なんて非現実度2000%の設定なのにな。
というか読む側の予想や鼓動より圧倒的に素早くジェノサイドが起きてしまうのだ。その絶望だけですっかり持っていかれる。もうこりゃ受け入れるしかねぇ、と。

んで、最後の最後にはフクロウ側にも感情移入させられるほど、読み手の視点や乗り所はぐるぐるしっぱなし。「次はコッチ!」「はいコッチも見てねー!」のガイドが巧み。
単行本一巻の構成できれいに世界を怖れ、愛し、味わいつくせるというか、構成が抜群だぁ。

ハリアー戦闘機とマタギの共闘という発想もカッコいい。素晴らしい。
そういえば「うしおととら」でも、飛行機上での“衾”戦はじめ、街中のシーンが好きだったんだよな。

続編も書けますよという雰囲気で、「イギリスで毒の角……」なるヒキがあるが、これは細部まで語らなくてもいいような。マタギと米軍が歩み寄っていく過程も面白いんだから、最初からコンビじゃしょうがない。

面白い漫画は何度読んでもいいなと思った。


→洋モノの短編の読みログ
回り道などせずに堂々と立ち去るのだ「黒博物館 スプリンガルド」


邪眼は月輪に飛ぶ邪眼は月輪に飛ぶ
(2007/04/27)
藤田 和日郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/266-60119c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。