10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
これが朝チュンてやつですか…「くらしのいずみ」(谷川史子)
2008/02/21 [Thu]08:45
原作がないほうの新刊も読んでみる。

細部は丁寧に、でも手や表情は描きこみすぎずにかわいい。やっぱり変わってないよ。
帯で石田敦子が「永遠の少女」と絶賛。乙女チックさについて保証がついてるようなもの。
掲載誌はヤングキングアワーズ系。やっぱり谷川史子はオヤジキラー作家なんじゃないのと、短絡的に邪推する。石田敦子もオヤジ殺しうまそうだ(暴論)。
アワーズは年齢層高めの、漫画読みなれた人が対象なんだろな。

内容は結婚をテーマにした短編が7本。仕事と恋愛とか、浮気や未婚妊娠が出てくるだけで「おお、大人だ!」とか思ってしまう自分の脳内は、どんだけ谷川世界に少女を求めているのかと反省。
でも結局は慎み深く、夫を愛し抜き、ささやかなイザコザで深く気づついて「大丈夫だよ」「好きだよ」の膏薬をぬりぬりしてあげるような、そんな世界は変わらない。

昨日読んだ「東京マーブルチョコレート」に続いて、男性(オヤジですか)の中の少女、女性像を裏切らない。
「朝チュン」ってのも、微妙に古いような……。お色気が最大値でソコ。

一話の「染井家」で、あれほど謎めいた妻が伏線となっていたのに、あっさりと解決。愛だけで、愛ゆえに。
いやまったく、男性向け女子漫画ですな。平和。


担当編集者は女性だと、あとがきにある。いまや青年誌は作家の属性を問わないし、作家も媒体を選ばないのかね。どうせ単行本で回収だ、みたいな論理はおいといても、指向として。
で、奥付を見れば連載担当編集氏のお名前と、最後に収録されてる「早春のシグナル」のヒロイン役の名前が一緒だったりする。漢字表記も含めて。
で、ヒロインに思いを寄せるのは婚約者だけではなくて……その人が思いのたけをぶちまけるシーンはひょっとして……モヤモヤと妄想をはじめようとしたのだけど、まぁ、名を借りただけでしょうなぁ。女子っぽいワイキャイ感。
ということで妄想を収めておこう。


→オリジナルアニメの「まんが版」の読みログ
俺ほんとにうれしかったんだ「東京マーブルチョコレート」


くらしのいずみ (ヤングキングコミックス)くらしのいずみ (ヤングキングコミックス)
(2008/01/28)
谷川 史子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/276-049d64f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。