06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
読んだ漫画単行本をひたすら記録。読んだ端から。
ブログ内検索

プロフィール

mangalog

Author:mangalog
自由業。07/03/23以前のものはストックからのもの。
全記録にするためのフォーマット作成を思案中。
カテゴリを作者名にしてみたらなんだか冗長なことに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  |  TB:--  |  CM:-- | 編集
何か自分でも説明できない「もやしもん」(石川雅之)6
2008/02/28 [Thu]09:18
限定版は買わないでおこう、と最初に決めてしまったので通常版を購入。
でもぬいぐるみは欲しかったなぁ。いまさら。向こうの表紙は美里・遥ペアだって。そっちのがいいじゃないの。

6巻は全編パリ。ワインうんちくを展開すべくドメーヌの跡取り娘と出くわす。
いきなり苛烈なパリ娘がワインを語る。しかも味じゃなくておもに業界トークだ。
相変わらず本筋よりも欄外やうんちくが騒々しい(そこが楽しい)漫画だな、と思ったが「もやしもん」の本編ってなんだよと。
遥の過去や後継者問題は洋の東西を問いませんねと語られてはいるが、なんだか逆に違和感があるほど、「展開」ってものが似会わなく読めてしまった。

いやいや本筋はしっかりあるんだよな(どっちだよ)。

キャンパスライフは進行して学祭もあったわけだ。前巻で学生らしさを見せてるじゃないか。それが今巻で進むとは限らないだろ。それだけだ。
美里と遥の夜空シーンにしても、思えば学祭で美里はプラネタリウムを見ている。それがつながってるってのはいちいち回想はさまなくてもいいし、つながってるかどうか、それに気づくかどうかも、どっちでもいいというか。
漫画の中のものは、主人公も脇役もゲストも菌も欄外も伏線もうんちくも等しく、構成物質として置かれている。
(おおげさだな。じゃ、なんで主人公なんてのを設定するんだろうね)
ぜんぶ、伏線はってから語るものでもなかろうと。
本筋はいくらでも読み取れるようにしてあるし、第一完結してねぇんだから「展開」「構成」で読者が騒いでもな。

自分は読み急いでばっかりで展開がワクドキ!をやってる漫画消費者なんだなと思った。ガックリ。
んー。全部読み返そうかな。新刊が出るたびに1巻から読みなおしたらいい作品なのかも。
ゆったりかもされながら読む漫画だ。でも情報量が多いから一気読みはできない。

特異なペースで読む漫画だな。


→学祭編、5巻の読みログ
目を見張るアイドル「もやしもん」5

→1巻を手にしたときの読みログ
表紙で読みこぼしてた「もやしもん」

そうか。表紙からして、沢木と菌の物語じゃないぜ、と主張しているのか。
農大物語として始まったけど、どんな漫画にするか約束はしてないぜ、と。
読み手の勝手なお約束も醸して変化させるとか、うまいこといおうとしたけどヤメ。


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
(2008/02/22)
石川 雅之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mangalog.blog75.fc2.com/tb.php/282-3e836418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ComicDash

コミックダッシュ! dukimochi の所有コミック

週刊マンガ日本史

週刊マンガ日本史

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。